Category: 思想・哲学Subscribe to 思想・哲学



パラレルな知性

パラレルな知性

〈犀の教室〉
鷲田清一著
四六判 296頁 定価:本体1700円+税
978-4-7949-6812-8 C0095 〔2013年〕
3.11で専門家に対する信頼は崩れた。その崩れた信頼の回復のためにいま求められているのは、専門家と市民をつなぐ「パラレルな知性」ではないか。



待ち望む力

待ち望む力

的場昭弘
四六判 224頁 定価:本体1500円+税
978-4-7949-6901-9 C0095 〔2013年〕
それぞれ時代の転換期に、未来に対する希望を語ることに並々ならぬ情熱を抱いていた哲学者、ブロッホ、スピノザ、ヴェイユ、アーレント、マルクスの5人の思考の足跡から、今の時代における希望のあり方を探る。



来たるべき哲学のプログラム〔新装版〕

来たるべき哲学のプログラム

ヴァルター・ベンヤミン 道籏泰三訳
四六判 392頁
定価:本体2600円+税
978-4-7949-6773-2 C0010 〔2011年〕
ベンヤミンがフライブルク大学に入学したのは20歳のとき。その後、27歳で博士号を取得するが、教授資格申請論文「ドイツ悲劇の



複製技術時代の芸術

複製技術時代の芸術

ヴァルター・ベンヤミン 佐々木基一編集・解説
四六判 192頁
定価:本体1900円+税
4-7949-1266-8 C1398 〔1999年〕
20世紀は映像の世紀である。テクノロジーの発達が芸術のありかたを根源からくつがえし、膨大な大衆を自由に芸術の世界によびい



マゾッホとサド

マゾッホとサド

ジル・ドゥルーズ 蓮實重彦訳
四六判 222頁
定価:本体2100円+税
4-7949-1264-1 C0398 〔1998年〕
マゾヒズムはサディズムの裏返しではない。文学史上でも精神分析学でも、不当に歪められきた19世紀オーストリアの作家マゾッホ



動機の修辞学

動機の修辞学

ケネス・バーク 森常治訳
A5判 464頁
定価:本体4500円+税
978-4-7949-2342-4 C1098 〔2009年〕
「修辞」をキーワードに、アリストテレス、キケロからカフカまで、人間の言語によるすべての表現活動を根源から解明し、現代思想



公共性の喪失

公共性の喪失

リチャード・セネット 北山克彦・高階悟訳
A5判 512頁
定価:本体5800円+税
4-7949-6061-1 C0036 〔1991年〕
現代は、私的な世界が公的な世界に限りなく浸食し、その境界がはっきりしない社会である。政治、都市生活、メディアなどのあらゆ