Category: 社会・政治・国際Subscribe to 社会・政治・国際



「自由な時代」の「不安な自分」

「自由な時代」の「不安な自分」

──消費社会の脱神話化

三浦展
四六判並製 320頁
定価:本体1800円+税
4-7949-6698-9 C0036 〔2006年〕
1920年代アメリカから始まった大量生産・大量消費は、人々の欲望を喚起した。だがやがてその欲望は我々の生活を隅々まで支配



仕事をしなければ、自分はみつからない。

仕事をしなければ、自分はみつからない。

――フリーター世代の生きる道

三浦展
四六判並製 256頁
定価:本体1600円+税
4-7949-6655-5 C0036 〔2005年〕
“ニート”など仕事をしない20〜30代の若者が社会的問題となっている。これからの時代をいかに生きぬくか、若者のライフスタ



なぜ「話」は通じないのか

なぜ「話」は通じないのか

――コミュニケーションの不自由論

仲正昌樹
四六判 256頁
定価:本体1600円+税
4-7949-6670-9 C0010 〔2005年〕
いま様々な場面で、話が通じなくなっている。人の話をよく聴いたり読んだりしないまま、適当に分かったつもりになって、特定のキ



絶望論

絶望論

――〈知〉と物欲の不良債権処理

清田友則
四六判 304頁
定価:本体2400円+税
4-7949-6615-6 C0010 〔2004年〕
「終わりなき世界」で永遠に満たされない欲望を抱えて生きる我々が、よき生をまっとうするために残された選択肢こそ〈絶望〉であ



世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい

世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい

森達也
四六判 288頁
定価:本体1700円+税
4-7949-6567-2 C0036 〔2003年〕
日本はオウムで、世界は9・11でむき出しになった。メディアの現場は「右へならえ」的な思考停止状態に陥り、憎悪をかきたてら



人を信じるということ

人を信じるということ

島田裕巳
四六判 248頁
定価:本体1800円+税
4-7949-6633-4 C0095 〔2004年〕
なぜ日本人は「人を信じる」ことができなくなってしまったのか。オウム真理研究の第一人者であり、「信じる」ことにこだわり続



死のありか

死のありか

芹沢俊介
四六判 276頁
定価:本体2300円+税
4-7949-6613-X C0036 〔2004年〕
死とは何だろうか? 誰にでもいやおうもなく訪れる死をめぐって繰り広げられる葛藤や諦念、そして受容を、渥美清のがん、夏目漱