Category: ルポ・ノンフィクションSubscribe to ルポ・ノンフィクション



戦場に行く犬

戦場に行く犬

――アメリカの軍用犬とハンドラーの絆――

マリア・グッダヴェイジ 著 櫻井英里子 訳
四六判上製 344頁 定価:本体2500円+税
978-4-7949-6949-1 C0095 〔2017年1月〕
オサマ・ビン・ラディンの追跡と奇襲など、アメリカの軍事作戦に欠かせない存在となった軍用犬。現代の戦場において、人類最大の友は、有能な兵士なのか? 緻密な取材と膨大なインタビューで、軍用犬の知られざる世界を明らかにする。



いのちの証言

いのちの証言

――ナチスの時代を生き延びたユダヤ人と日本人――

六草いちか 著 四六判 232頁 定価:本体1900円+税
978-4-7949-6952-1 C0036 〔2017年1月〕
ナチ政権下、ホロコースト時代をどのように生き延びたのか──。生存ユダヤ人と日本人たちの記憶と証言が70年以上の歳月を経て明かされる。ベルリンに暮らし、数年にわたって丹念に取材を続けた著者が、悲劇の時代に生きた人間の姿をありのままにつづる、渾身のノンフィクション。



トランプがはじめた21世紀の南北戦争

トランプがはじめた21世紀の南北戦争

――アメリカ大統領選2016――

渡辺由佳里 著 四六判 240頁 定価:本体1400円+税
978-4-7949-6948-4 C0095 〔2017年1月〕
2016年11月、メディアや専門家の予想を大きく覆し、アメリカはトランプを選んだ。これから世界はどのようになっていくのだろう。日本にはどのような影響があるのだろうか。本書は予備選からはじまる長い選挙と、この一大イベントから見えてくるリアル・アメリカの最新レポートである。



自死

自死

――現場から見える日本の風景――

瀬川正仁 著
四六判並製 248頁 定価:本体1500円+税
978-4-7949-6924-8 C0095〔2016年5月〕
先進国のなかで、飛びぬけて自死の多い国・日本。複雑に絡み合うその問題点を読み解き、自死をした人の家族会、医師、弁護士、宗教家など、問題にかかわっている多くの人びとを取材しながら、実態を明らかにする。



電気は誰のものか

電気は誰のものか

田中聡 著
四六判上製 288頁 定価:本体1900円+税
978-4-7949-6890-6 C0095〔2015年8月〕
電気なしでは生活が立ち行かない私たちの社会ではあるが、もっと自由に電気と付き合うことはできないのだろうか。近代の問題をさまざまな角度から論じてきた著者が、電気と日本社会の根源について論じる意欲作!



口笛を吹きながら本を売る

口笛cover

石橋毅史 著
ブックデザイン 寄藤文平+鈴木千佳子(文平銀座)
四六版変型・上製 216頁 定価1600 円+税
ISBN978-4-7949-6877-7 C0095 [2015年4月]
岩波ブックセンターの代表、柴田信さん85歳。1965年4月、芳林堂書店に入社以来、書店の現場から〈本・人・街〉を見つめつづける名翁に、『「本屋」は死なない』(新潮社)の石橋毅史が3年にわたり密着した渾身書き下ろし。



戦場

戦場cover

亀山亮 著
A5判 194頁
定価:本体1800円+税
978-4-7949-6863-0 C0072〔2015年1月〕
「戦争とは何か」を写し取りたいという強い衝動に突き動かされ、中東やアフリカ各地の紛争地帯を渡り歩く写真家・亀山亮。約70点の写真と体験記を収録し、戦争を引き起こす人間の闇に写真と文章で迫る。土門拳賞受賞の写真家が描く、戦場のリアル。