Category: 文化・民俗・宗教Subscribe to 文化・民俗・宗教



迷家奇譚

迷家奇譚

川奈まり子 著
四六判並製 312頁 定価:本体1600円+税
978-4-7949-6963-7 C0095 〔2017年5月〕
「いや、実はこんな話があってね……」ネイルサロンで、暑い夏の坂の途中で、または深夜の電話口から、人々は不意に怪異を語りだす。奇譚に埋め込まれ、漂っている記憶とは。口の端に上る「裏側の世界」を女性作家が巡り歩く、オカルトルポ。



死者が立ち止まる場所

死者が立ち止まる場所

マリー・ムツキ・モケット 著/高月園子 訳
四六判 372頁
定価:本体2500円+税
978-4-7949-6914-9 C0095〔2016年1月〕
人はどのように死者を送り、親しい人の死を受け入れていくのか。仏教は答えをくれるのか? たくさんの人とともに祈りながら、著者は少しずつ心の折り合いをつけていく。本書は、ふたつの祖国をもつ著者の、日本文化論であり日本旅行記でもある。



蚕

畑中章宏 著
四六判 248頁
定価:本体1800円+税
978-4-7949-6899-9 C0095〔2015年12月〕
伝説、お札、お祭、彫刻……古来より日本で身近であったはずの養蚕が生み出した、素朴で豊かな文化と芸術を、気鋭の民俗学者が、各地を取材しながら掘り起こす民俗学的ノンフィクション。



民芸とMingei

民芸とMingei

尾久彰三著
A5判変型上製 176 頁 定価:本体2000 円+税
978-4-7949-6861-6 C0072 〔2014年〕
NHK「温故希林」で樹木希林と共演し、骨董界に笑いと新風を運ぶ著者が、自身のコレクションのなかから、新旧ふたつの民芸の品を紹介していく。李朝白磁盆、台湾少数民族の刀の鞘、イギリスの水くみ…などの古作を語り、石川雅一、伏見眞樹など、現代の工人の仕事に眼をむける。



後期20世紀女性文学論

後期20世紀女性文学論

与那覇恵子著
四六判上製 260頁 定価:本体2000円+税 
978-4-7949-6843-2 C0095〔2014年〕
明治・大正・昭和初年生まれの女性作家の作品群を読解し、20世紀後半の結婚観、家族観、性意識の変容を明らかにする。



英国鉄道物語 【新版】

英国鉄道物語

小池滋
四六判 320頁
定価:本体2600円+税
4-7949-6690-3 C0026 〔2006年〕
世界最初の鉄道事故はどうして起こったか? ロンドンにロンドン駅がないのはなぜか? シャーロック・ホームズの乗った汽車は時



鉄道愛[日本篇]

鉄道愛[日本篇]

小池滋編集・解説
四六判 312頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6672-5 C0093 〔2005年〕
明治の北海道をゆく開拓列車。昭和20年、敗戦の日に走る汽車。この百年の日本人の人生は鉄道とともにあった。鉄道を主題とする