Category: 紀行・トラベルSubscribe to 紀行・トラベル



10日暮らし、特濃シンガポール

10日暮らし、濃厚シンガポール

森井ユカ 著
四六判並製 288頁
定価:本体1800円+税
978-4-7949-6979-8 C0026 〔2017年10月25日発売予定〕
いま、どこよりもアジア的! 高層ビルとクリーンなイメージのシンガポールだが、一歩ウラへ踏み入れると、そこは混沌とした活力に溢れている。ガイドブックにはけっして載らないシンガポールの素顔を、暮らすように旅して綴る。シンガポールが退屈って言ったのは誰だ!?



ありのままのアンデルセン

ありのままのアンデルセン

――ヨーロッパ独り旅を追う

マイケル・ブース 著 寺西のぶ子 訳
四六判変型 504頁 定価:本体2300円+税
978-4-7949-6950-7 C0098 〔2017年3月〕
『英国一家、日本を食べる』でおなじみ、マイケル・ブースのデビュー作。デンマーク人女性と結婚し、ロンドンからコペンハーゲンに移住したマイケル。デンマークに溶け込もうと語学学校に通い、アンデルセンの作品にふれると、そこには……。



近くても遠い場所

近くても遠い場所

――一八五〇年から二〇〇〇年のニッポンへ

木下直之 著
A5判 336頁 定価:本体2500円+税
978-4-7949-6934-7 C0095〔2016年9月〕
見世物、絵馬堂、美術館、動物園、お城、戦争……著者は見慣れた風景の中に、見落としてきたものを見つけ、新たな意味や価値を発見する。およそ150年の日本社会の変遷を、風景から掘り起こす歴史エッセイ。



浅草はなぜ日本一の繁華街なのか

浅草はなぜ日本一の繁華街なのか

聞き手:住吉史彦 (すき焼き「ちんや」六代目店主)
四六判並製 240頁
定価:本体1600円+税
978-4-7949-6920-0 C0095〔2016年2月〕
震災と戦災で2度も焼け野原になった浅草で、130 年にわたってすきやき屋を営んできたちんやの店主が、浅草の重鎮たちに、同じ浅草の商人として「商売の秘訣」を聞き出す。浅草ならではの「商人論」を探り出し、江戸っ子の生き方も引き出していく。



おいでよ、小豆島。

小豆島

平野公子と島民のみなさん 著
A5判並製 160頁
定価:本体1300円+税
978-4-7949-6918-7 C0095〔2016年1月〕
Iターン組、Uターン組、ネイティブが、観光用のガイドブックからは見えてこない等身大のライフスタイルを、一緒になって綴った島民による初めての小豆島案内。ひと味違った島暮らしがわかります。



「谷根千」地図で時間旅行

「谷根千」地図で時間旅行

森まゆみ 著
A5判上製 240頁
定価:本体1800円+税
978-4-7949-6885-2 C0025〔2015年7月〕
約30 年間、地域雑誌「谷根千」をつくってきた著者が、江戸から現代まで、谷根千が描かれたさまざまな地図を追いながら、地域の変遷を辿る。土地の古老たちが描いた地図、聞き取り地図も多数収録。



我もまた渚を枕

我もまた渚を枕

――東京近郊ひとり旅

川本三郎
四六判 272頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6644-X C0095 〔2004年〕
消えゆく下町を見つめてきた著者が、変化の激しい東京を一歩離れ、「旅」に出た。船橋で太宰の足跡をみつける。荷風のいた市川を