要石:沖縄と憲法9条

要石:沖縄と憲法9条C・ダグラス・ラミス
四六判 264頁
定価:本体1900円+税
978-47949-6754-1 C0031 〔2010年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

なぜ沖縄にたくさんの米軍基地があるのか?それらは何のためにあるのか?米軍にとって沖縄のもつ意味とは?そのことと憲法9条、そして日米安保条約とはどんな関係があるのか? それらの疑問を明快にときほぐす。沖縄の米軍基地を考えることから、日本の戦後65年とアメリカの世界戦略がはっきりと見えてくる。普天間基地に移設問題についても書き下ろしの見解を付す。

要石とは?

★書評掲載
図書新聞2011.2(戸田清氏評)
読書人2011.1(下嶋哲朗氏評)
沖縄オルタナティブメディア(西脇尚人氏評
★紹介記事掲載
東京新聞 2011.1.16

★目次
1 戦争論
実戦中毒と千メートル眼差し
積極的平和?
「テロ」の定義とは?
「帝国」と化したアメリカ 追従しか
知らない日本
アメリカは負けている 

2 アメリカの諸戦争と日本の憲法
ファルージャから二つの報道
9条に関する9テーゼ
イラク派兵と憲法9条
現地で迷惑にならないように、イラクを
助ける方法
アメリカ兵の心に反戦を語りかける
アメリカの完全敗北か

3 沖縄・基地・差別
「日本」というあり方
植民地としての軍基地
沖縄・米軍基地・改憲問題
基地と平和
非ブッシュ賞
我々はできるのだ! しないけど
要石
差別の共同研究に向けて 

あとがき

C・ダグラス・ラミス◆C・ダグラス・ラミス
1936年サンフランシスコ生まれ。カリフォルニア大学バークレー校卒業。
西洋政治思想史研究。60年海兵隊員として沖縄に駐留。除隊後、京都、東京で暮らす。
ベ平連など反戦活動に従う。現在、沖縄国際大学非常勤講師。

関連書籍