憲法と戦争

憲法と戦争C・ダグラス・ラミス
四六判 240頁
定価:本体1800円+税
4-7949-6452-8 C0031 〔2000年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

憲法第九条は死んだか? 日の丸・君が代強制の隠された意味とは? 日米ガイドラインは何を目指しているのか? 様々な問題を根源から問い直し、日本国憲法を考えるために大きな示唆を与える。「徹底した反戦・反軍思想が、この時代の日本で、このようなわかりやすい理論と言葉で展開されたことに、ひとつの光明をみる」(太田昌国氏評)。


関連書籍