未生の日本美術史

未生の日本美術史千葉成夫
A5判 408頁
定価:本体4300円+税
4-7949-2387-2 C1070 〔2006年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

日本には美術は未だ生まれていない。だからこの列島で、美術とは「何が美術たりうるか」を問うことに他ならない。西欧の美術をあがめることも、失われた日本伝統に回帰することもなく、1970年代以降の絵画・彫刻の最先端をになった作家たち──遠藤利克、戸谷成雄、堀浩哉、中村一美、草間彌生、田中敦子、川俣正、中村政人、小沢剛、中ザワヒデキ──。彼らの作品を精細に論じ、日本美術の起源から現代にいたる流れの核心をとらえた論考。


関連書籍