雨のち晴子

――水頭症の子と父のものがたり

雨のち晴子山下泰司
四六判 256頁
定価:本体1800円+税
4-7949-6467-6 C0036 〔2000年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

生まれてきた子どもは難病の水頭症だった。世界一周旅行にも出かけていたお気軽フリーランス夫婦の生活が、晴子が生まれてから一変。はじめて生まれてきた子どもに障害があった時、親は何に不安を感じ、どう行動するのか。未知のことがらに持ち前のバイタリティで立ち向かう、普通の家族の普通じゃない日常を綴る「子育て」エッセイ。


関連書籍