最後の晩餐

――死ぬまえに食べておきたいものは?

最後の晩餐宇田川悟
A5判並製 228頁
定価:本体1500円+税
978-4-7949-6769-5 C0095 〔2011年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

各界著名人の食にかかわる話から、その生い立ちや成長過程を探り、死ぬまえに食べておきたいものから、その信念やこだわりを浮き彫りにする対談集。話し手:島田雅彦、奥本大三郎、猪瀬直樹、荻野アンナ、南部靖之、磯村尚徳、小山薫堂、山本容子、西浦みどり、羽仁進、逢坂剛、岸朝子、田崎真也、辻芳樹、千住明、楠田枝里子。★猪瀬直樹氏推薦!

好評2刷出来!

〈パブリシティ情報〉
・11/10発売「クロワッサン」にて著者インタビュー掲載
・10/14発売 「週刊読書人」にて森枝卓士氏による書評掲載
・10/10発売 「いきいき11月号」にて著者インタビュー掲載

◇宇田川悟(うだがわ・さとる)
1947年東京生まれ。作家。通信社の記者として長年フランスに暮らし、フランスの社会、文化、食文化に詳しい。フランス政府農事功労章シュヴァリエを受章。ブルゴーニュワインの騎士団、フランスチーズ鑑評騎士の会などに叙任。

関連書籍