美しい人

――須藤康花、絵と愛と闘病の軌跡

美しい人title=須藤正親著/須藤康花絵
四六判 176 頁
定価:本体2000円+税
978-4-7949-6791-6 C0071 〔2012年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

美大に在学しながら数々の美術賞を受賞した須藤康花は、幼少より病がちで、30歳にして惜しくも癌で夭逝する。その父である著者が、彼女の生い立ちを、作品の紹介とともに綴る。心の底から描かれた細密な絵、その生まれた場所に近づくために……。作品はカラー掲載。

目次
死と贖罪を見つめて
幼年時代――不安と恐れ
友情と道化からの別れ
そして祖母との別れ
愛と孤独と祈りと
「余計な自分」を生きる
癌と告知されて――生と死を生きる

◇須藤正親(すどう・まさちか)
1941年生まれ。東海大学名誉教授、中央大学経済研究所客員研究員。信州で有機農業を実践しながら「農文館」を主宰。著書に『ゼロ成長の社会システム』(新泉社)ほか。
◇須藤康花(すどう・やすか)
国際プリントビエンナーレIOSIFISER2005ほか、美術展での入選・受賞多数。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍