3つの鍵の扉

――ニコの素粒子をめぐる冒険

ソニア・フェルナンデス=ビダル著
轟志津香訳 本田亮絵 監修:池内了
A5判並製 224頁
定価:本体1600円+税
978-4-7949-6833-3 C0042 〔2013年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

少年ニコが謎のメッセージにみちびかれ、
量子の世界でくり広げる冒険活劇!

宇宙はどうやってなりたっているの?
素粒子の不思議な性質
消えては現れるシューレ-ディンガ-の猫…

★ヒッグス粒子の発見(2012年)、東大研究室による量子テレポーテーション実験の成功(2013年)…今話題の素粒子についてわかる!
★恋あり、友情あり、少年ニコの成長物語は、YA世代の読み物としても最適!

◇ソニア・フェルナンデス=ビダル
1974年、バルセロナ生まれ。量子物理学者。バルセロナ自治大学で研究員として務めるかたわら、量子物理学のおもしろさを専門外の人たちに広めるため、トークやレクチャーを積極的に行っている。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍