戦場

写真と文:亀山亮
A5判 194頁
定価:本体1800円+税
978-4-7949-6863-0 C0072〔2015年1月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

土門拳賞受賞の写真家が描く、戦場のリアル

パレスチナ、シエラレオネ、リベリア、アンゴラ、スーダン、コンゴ、ソマリア、ブルンジ、ケニア……「戦争とは何か」を写し取りたいという強い衝動に突き動かされ、各地の紛争地帯を渡り歩く写真家・亀山亮。パレスチナでは左目を失明。その後向かったアフリカの内戦地は、暴力が日常の異様な恐怖と対峙する。約70点の写真と体験記を収録。戦地で生きる人々の深淵をとらえた写真は、見ている側が心の中を覗き込まれているかのような錯覚を起こす。戦争を引き起こす人間の闇に、写真と文章で迫るドキュメント。

 

〈NEWS!〉著者・亀山亮さんが、BS1スペシャル(NHK)で紹介されます!
それでもなぜ戦場に行くのですか ~フリージャーナリストたちの1年~
2016年1月30日(土) 午後9時~
〈再放送〉2016年2月15日(月) 午前0時~(14日 24時~)

 

〈書評・パブ掲載〉
neoneo web 2015.7.26(評者:小谷忠典さん)
西日本新聞 2015.5.17
河北新報 2015.4.26
フォトテクニックデジタル 2015.5月号
静岡新聞 2015.4.19
産経新聞 2015.4.19
東京新聞 2015.4.18
サイゾー 2015.5月号
信濃毎日新聞 2015.3.29
WEBRONZA(ネット配信) 2015.3.23
VICE(ネット配信) 2015.3月
大分合同新聞 2015.3.22
週刊読書人 2015.3.20
週刊文春 2015.3.19号
京都新聞 2015.3.8
週刊新潮 2015.3.12号
朝日新聞 2015.2.26 (筆者:高橋源一郎さん)
週刊朝日 2015.3.6号 (評者:朝山実さん)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

はじめに
1. パレスチナ
〈 写 真 :パレスチナ〉
2. ジェニン難民キャンプ
3. 父の死
4. アンゴラ
5. ブラックアフリカ
6. キッシー精神病院
7. リベリア
8. リベリア再訪
9. 無法地帯へ
10. アフリカの水
〈 写 真:アフリカ〉
おわりに

 

◇亀山亮(かめやま・りょう)
1976 年生まれ。戦場カメラマン。1996 年よりサパティスタ民族解放軍支配地域など中南米で撮影する。2000 年、パレスチナでの撮影中、イスラエル国境警備隊にゴム弾で撃たれ、左目を失明。2003 年から8年間、アフリカ各地の紛争地域を撮影した写真をまとめた『AFRIKA WAR JOURNAL 』を2012 年に発表。同写真集で第32 回土門拳賞を受賞。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍