口から入って尻から出るならば、口から出る言葉は

前田司郎著
四六判 200頁
定価:本体1600円+税
978-4-7949-6876-0 C0095 〔2015年5月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

祝・第33回向田邦子賞受賞
劇団「五反田団」主宰・前田司郎、初エッセイ集

演劇、文学、映画、テレビドラマの脚本などで幅広く活躍し、ありふれた日常から愉快にリアルに、目に見えないものを浮かびあがらせる作家・前田司郎。幼少期には、両親から「口先男」と呼ばれるほどに言葉の巧みな使い手だったという……。そうした彼の生い立ち、劇団・五反田団のあゆみ、趣味のカメラ、昨今の世の中についてなど、自らを語りながら、時代の新しい視座を示す、初のエッセイ集。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】
1 考えたこと
2 演劇は思考のための道具であるか
3 なんちゃって落語「宇宙人」
4 カメラは永遠の女
5 旅は考えない
6 時事コラム(2014年)
あとがき

◇前田司郎(まえだ・しろう)
1977年東京生まれ。劇作家、演出家、俳優、小説家。劇団「五反田団」主宰。97年、劇団「五反田団」を旗揚げ。2004年「家が遠い」で京都芸術センター舞台芸術賞受賞。05年『愛でもない青春でもない旅立たない』で小説家デビュー。07年、小説『グレート生活アドベンチャー』が芥川賞候補となる。08年、戯曲「生きてるものはいないのか」で岸田國士戯曲賞受賞。09年、小説『夏の水の半魚人』が三島由紀夫賞受賞。近年はTV・映画のシナリオや演出も手がけ、15年、「徒歩7分」が向田邦子賞受賞。
近著に『私たちは塩を減らそう』(キノブックス)、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』(集英社)、『濡れた太陽』(朝日新聞出版)他。著書多数。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【イベント開催】
6/24 ゲンロンカフェにて、前田司郎×九龍ジョー対談
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

同時発売!
短篇集私たちは塩を減らそう

前田司郎著
キノブックス刊
定価:本体1600円+税
978-4908059162 C0093 〔2015年5月〕
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


関連書籍