「本を聴く、人を読む」『増補新版 FLOW』刊行記念トークイベント

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年に刊行後、武術の世界を中心に話題になってきた『FLOW』が、この度、光岡英稔師との対談や站樁の実演写真などを新たに収録するかたちで、増補新版として刊行されます。その記念として、トークイベントを開催いたします。

つながる力に雑談力と、いま世間では「コミュニケーション能力」の拡張が求められ、それを獲得することが是とされています。自意識をいじくりまわすことはあっても、内を観ることなく、外とばかりつながりたがる。そういうコミュニケーションが奨励されている時代にあっては自閉することも必要なのではないか。

インタビュアーとして他者の話をずっと受け取ってきた尹さんに「からだのこと」「こころのこと」「書くということ」など多岐に渡って語っていただきます。対談のお相手として以前より尹さんと親交のある、荻窪の書店「Title」の辻山さんに聞き手をつとめていただきます。

 

出演◇尹雄大(聞き手:辻山 良雄)
日時◇2017年4月24日(月) 19:30スタート(21:00頃終了予定)
場所本屋 Title 1階特設スペース(JR「荻窪」駅より徒歩10分)
料金◇1000円+1ドリンク500円
定員◇25名
予約◇メールの件名にイベント名、メール本文にお名前(氏名)/電話番号/枚数(1人2枚まで)を明記して、以下のアドレスに送信してください。
title@title-books.com

※くわしくは「Title」HP内告知ページをご覧ください。

 

◇尹雄大(ユン・ウンデ)
1970年、神戸生まれ。テレビ番組制作会社、出版社を経てライターに。インタビュー原稿やルポルタージュを主に手がける。10代で陽明学の「知行合一」の考えに触れ、心と体の一致をさぐるために柔道や空手、キックボクシングを始める。1999年、武術研究家の甲野善紀氏に出会い、松聲館に入門。2003年、光岡英稔氏に出会い、韓氏意拳を学び始める。主な著書に『やわらかな言葉と体のレッスン』(春秋社)、『体の知性を取り戻す』(講談社現代新書)、『子どもが語る施設の暮らし』(共著、明石書店)などがある。