モラルハラスメント あなたを縛る見えない鎖

リサ・アロンソン・フォンテス 著 宮家あゆみ 訳
四六判並製 344頁
定価:本体2000円+税
978-4-7949-6974-3 C0011 〔2017年9月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

どうして関係を続けてしまうの?
どうしたら抜け出せるの?
モラハラの罠から自由になるための決定版!

互いに親密だった関係が、恐るべき支配・被支配の関係に転化する。監視、脅迫、ストーカー行為、セックスの強要、虐待など、アメリカにおけるモラルハラスメントの事例を紹介するとともに、そこからの脱出方法を詳しく解説。LGBTカップル間のモラハラや、ティーンエイジャーにおけるモラハラ、ネットを使ったハラスメントの実態も! なぜモラハラは起きるのか? どうして関係を続けてしまうのか? どうしたら関係を終わらせることができるのか? モラルハラスメントの罠から自由になるための決定版指南書!

帯文・水島広子(精神科医)
「支配・非支配関係について、豊富な事例や適切な助言を通して本質を理解できる、米国発の貴重な一冊」

※原著の巻末に掲載されているResourcesとReferencesを
下記に公開しています。
≫≫≫こちらから

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

 

Part1 モラルハラスメントとは何か?

1 モラルハラスメントとは
2 さまざまな支配行動

 

Part 2 どうしてモラルハラスメントが起きるのか

3 なぜある種の男性はモラハラをするのか
4 どうして関係を続けてしまう女性がいるのか

 

Part 3 LGBT、男性、ティーンエイジャーが受けるモラルハラスメント

5 ジェンダーのちがいとモラルハラスメント
6 ティーンのモラハラ被害者

 

Part 4 モラルハラスメントを終わらせる

7 あなたは被害に遭っていませんか?
8 関係を続けますか? 何かを変えたいですか?
9 関係を終わらせる
10 自分らしさを取り戻す――モラルハラスメントから立ち直る
11 あなたの大切な人がモラルハラスメントの被害に遭っていたら
12 結論

 

リサ・アロンソン・フォンテス(Lisa Aronson Fontes)
カウンセリング心理学の博士号を持ち、25年以上にわたって、児童虐待、女性に対する暴力、家族問題の分野の仕事に従事。研究、講演などの活動を行うとともに、マサチューセッツ州立大学アムハースト校で教鞭を執っている。自身がモラルハラスメントやストーカー行為の被害者でもある。ウェブサイト www.lisafontes.com
◇宮家あゆみ(みやけ・あゆみ)
ブックジャム・ブックス代表。ニューヨーク在住。ライター・翻訳者・編集者。神奈川県鎌倉市出身。ニューヨーク大学大学院卒。アメリカ文学専門誌『アメリカン・ブックジャム』の取材、執筆、編集ほか出版業務全般に携わる。訳書に『ブックストア――ニューヨークで最も愛された書店』『チャスとリサ、台所でパンダに会う』『ガール・クック』『マイ・ハート・ビート』『ドラッグカルチャー――アメリカ文化の光と影(1945~2000年)』『シバの女王の娘』などがある。朝日新聞GLOBE紙面「世界の書店から」でニューヨークの回を執筆中。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍