ナボコフ自伝

――記憶よ、語れ

ナボコフ自伝ウラジーミル・ナボコフ 大津栄一郎訳
四六判 272頁
定価:本体2600円+税
4-7949-2239-6 C0097 〔1979年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

『ロリータ』の成功によって、一躍世界文学の寵児となったナボコフが、帝政ロシア貴族の家庭生活、蝶の採集やチェスや字謎遊びへの偏愛、母国語を奪われた悲しみ、大戦間ヨーロッパでの亡命の日々を綴る。「ナボコフのこの自伝ほど、芸術的香気と完成度の高いものはほかに類をみないにちがいない。」(北山克彦氏評)。

〈パブリシティ情報〉
2012年1月15日読売新聞・本よみうり堂
「空想書店」コーナーにて磯崎憲一郎さんに紹介していただきました。


関連書籍