なにもない空間

なにもない空間ピーター・ブルック 高橋康也・喜志哲雄訳
四六判 224頁
定価:本体1800円+税
4-7949-2167-5 C1098 〔1971年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

なにもない空間――そこに一人の男が立ち、そして彼を見つめるもう一人の人間。演劇が成立するためにその他になにがいるだろう。貧困と豊饒、純粋と混沌が背中あわせの場所。劇場とはわれわれの生きる世界そのものなのだ。今日の演劇に失われた真の全体性を求めて、鬼才演出家ブルックが演劇的表現の真髄を証した異色の論集。


関連書籍