Category: 新刊Subscribe to 新刊



ウチの江戸美人

いずみ朔庵 著 ポーラ文化研究所 監修
四六判変型上製 232頁 定価:1,760円(本体1,600円)
978-4-7949-7276-7 C0077〔2021年9月〕
江戸風俗×現代美容!? なぜか一緒に暮らすことになった江戸美人ちゃんと現代女子ちゃん。それぞれの価値観や好みを否定せず、時に共有しながらおしゃれや趣味を楽しむ様子を描く、江戸おしゃれ入門! ポーラ文化研究所サイトの好評連載が、待望の書籍化。



アートプロジェクト文化資本論

――3331から東京ビエンナーレへ

中村政人 著
四六判並製 316頁 定価:2,530円(本体2,300円)
978-4-7949-6978-1 C0070〔2021年9月〕
「アート」と「産業」と「コミュニティ」の掛け合わせで、「社会文化資本力」を生み出せ! コトを起こすプロジェクトとしてのアートを追究してきたアーティスト・中村政人が考えるアートプロジェクトの原理とは。アートと社会と文化資本の未来をめぐる原理論。



吉本隆明全集26[1991-1995]

吉本隆明 著
A5判変型上製 554頁 定価:7,150円(本体6,500円)
978-4-7949-7126-5 C0395〔2021年8月〕
『ハイ・イメージ論』の続編「IV」ともいうべき『母型論』と中東湾岸戦争についての発言などを収める。単行本未収録6篇(「些事を読みとる」「鶴見さんのこと」「太宰治を思う」ほか)。月報は山崎哲さん(劇作家)、菅原則生さん(『続・最後の場所』)、ハルノ宵子さん(作家・漫画家)が執筆。第27回配本。



地球で暮らすきみたちに知ってほしい50のこと

ラース・ヘンリク・オーゴード 著 枇谷玲子 訳
A5判並製 224頁 定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7249-1 C0040〔2021年8月〕
宇宙にちらばる星の数、地球の海や山はどうやってできたのか、絶滅したり、今も生きているいろんな動物のこと、人間の発明や社会の問題、お金持ちや有名人になりたいと思っているきみ自身の人生についてまで、50の疑問に答えるSDGs先進国デンマークの〈科学教養〉。



99%のためのマルクス入門

〈犀の教室〉田上孝一 著
四六判並製 320頁 定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7272-9 C0010〔2021年7月〕
1対99の格差、ワーキングプア、ブルシット・ジョブ、地球環境破壊……現代社会が直面する難問に対する答えは、マルクスの著書のなかにすでにそのヒントが埋め込まれている。『資本論』『経済学・哲学草稿』『ドイツ・イデオロギー』などの読解を通じて、「現代社会でいますぐ使えるマルクス」を提示する入門書。



プロジェクト・ファザーフッド

――アメリカで最も凶悪な街で「父」になること

ジョルジャ・リープ 著 宮﨑真紀 訳
四六判並製 424頁 定価:2,530円(本体2,300円)
978-4-7949-7273-6 C0098〔2021年7月〕
人類学者でソーシャルワーカーの著者は、元ギャングメンバーに頼まれて、子供をもつ男性たちの自助グループを運営。「殺し合いを今すぐやめなきゃならない。子供たちを救うんだ」――貧困、差別、暴力を超えて繋がる男たちのドキュメント。



人生ミスっても自殺しないで、旅

諸隈元 著
B6判変型上製 440頁 定価:2,530円(本体2,300円)
978-4-7949-7245-3 C0095〔2021年7月〕
大学卒業後7年間自宅に引きこもり、ひたすら一作の小説を書くも結果が出ず、恋人はおろか、友人もいない。人生ミスったら、自殺しなければならない。そう信じて出かけた欧州独り旅。道に迷った彼に贈られた言葉は「エンジョイ」。語りえぬ体験談を語り尽くす哲学的紀行エッセイ。