Category: 歴史Subscribe to 歴史



ヘンリー八世

――暴君か、カリスマか

陶山昇平 著
四六判並製 322頁 定価:2,310円(本体2,100円)
978-4-7949-7265-1 C0022〔2021年5月〕
薔薇戦争による混乱を解決した先王の跡を継ぎ、テューダー朝の第二代国王として即位したヘンリー八世。英国王室きっての怪人の生涯に迫った本格評伝。6度の結婚、ローマ・カトリック教会との断絶、忠臣の処刑などで知られる「悪名高き」国王の真実。



土偶を読む

――130年間解かれなかった縄文神話の謎

竹倉史人 著
四六判上製 352頁 定価:1,870円(本体1,700円)
978-4-7949-7261-3 C0021 〔2021年4月〕
日本考古学史上最大の謎の一つがいま、解き明かされる。土偶とは――「日本最古の神話」が刻み込まれた<植物像>であった!「考古学×イコノロジー研究」から気鋭の研究者が秘められた謎を読み解く、スリリングな最新研究書。



コレラの世界史 新装版

見市雅俊 著
A5判上製 304頁 定価:4,290円(本体3,900円)
978-4-7949-7179-1 C0022 〔2020年5月〕
どの時代にも、その時代を象徴する伝染病がある。中世においてはペスト、大航海時代においては梅毒、そして進歩と帝国主義の時代と言われる19世紀のそれはコレラであった。人間中心の歴史観を排し、細菌の側から歴史をみつめなおした画期的な名著、待望の復刊。



本能寺の変に謎はあるのか?

本能寺の変に謎はあるのか?

――史料から読み解く、光秀・謀反の真相

渡邊大門 著
四六判並製 280頁 定価:1,760円(本体1,600円)
978-4-7949-7166-1 C0021 〔2019年12月〕
歴史に関する一般書は多数刊行されているが、そこには根拠のないデタラメな説が流布しているのも事実。本書では、本能寺の変を素材として、戦国の歴史を学ぶともに、「正しい歴史研究の方法とは何か」を考える。


Scroll Up