カントと動力学の問題

菊地健三 著
四六判 208頁

定価:本体2500円+税

978-4-7949-6878-4 C3010
〔2015年5月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

「動力学」の謎の解明を試みる

ドイツの哲学者イマヌエル・カント(1724~1804)は、「動力学的」という概念を、批判期以前から最晩年の『オプス・ポストゥムム』における「動力学的エーテル」に至るまで、重要な箇所で使用している。「動力学的」というこの概念は、超越論的という概念と外延を共有している部分もあり、カント哲学体系における「自然の形而上学」と「人倫の形而上学」、自然と自由の空隙を埋める鍵を握っていると思われる。この著作はこのようなカント的「動力学」の謎を解明しようとする野心的試みである。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

第1章 前批判期における「自然の形而上学」の問題点

第2章 『純粋理性批判』と動力学的という概念

第3章 『自然科学の形而上学的原理』における動力学

第4章 人倫の形而上学と動力学

第5章 『判断力批判』と動力学

第6章 『オプス・ポストゥムム』における動力学的エーテル

 

菊地健三(きくち・けんぞう)
1946 年秋田県生まれ。専修大学大学院博士後期課程修了。専修大学文学部哲学科教授。著書に『カントと二つの視点』(専修大学出版局)、共著に『ジル・ドゥルーズの試み』(北樹出版)他、共著に『西洋の美術』(晶文社)、訳書にヤウヒ『性差についてのカントの見解』(専修大学出版局)がある。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍