Category: 犀の教室Subscribe to 犀の教室



「移行期的混乱」以後

「移行期的混乱」以後

――家族の崩壊と再生

〈犀の教室〉平川克美 著
四六判並製 224頁 定価:本体1600円+税
978-4-7949-6829-6 C0095 〔2017年5月23日発売予定〕
人口減少の主要因とされる「少子化」はなぜ起きたのか? そもそも少子化は問題なのか、あるいは問題に対する回答ではないのか? 日本の家族形態の変遷を追いながら、不可逆的に進む人口減少社会のあるべき未来図を描く長編評論。



日本の覚醒のために

NOW PRINTING

――内田樹講演集

〈犀の教室〉内田樹 著
四六判並製 352頁 予価:本体1700円+税
978-4-7949-7031-2 C0095 〔2017年6月16日発売予定〕
グローバリズムに翳りがみえてきた資本主義末期に国民国家はどこへ向かうのか? これからの時代に宗教が担う役割は? ことばの持つ力をどう子どもたちに伝えるか?……日本をとりまく喫緊の課題について、情理を尽くして語った著者渾身の講演集。



日本語とジャーナリズム

日本語とジャーナリズム

〈犀の教室〉武田徹 著
四六判 304頁 定価:本体1900円+税
978-4-7949-6827-2 C0036〔2016年11月〕
主語が曖昧。人間関係に縛られる。日本語によるジャーナリズムは可能か? それは多くの論者が挑んできた日本語の構造とジャーナリズムの問題。明治期の新聞がどのように口語体になったか。言語学者、文法学者は日本語をどのように考えてきたのか。日本語から考えるジャーナリズム論にして、日本文化論。



現代の地政学

現代の地政学

〈犀の教室〉 佐藤優 著
四六判 320頁 定価:本体1500円+税
978-4-7949-6826-5 C0031 〔2016年7月〕
各国インテリジェンスとのパイプを持ち、常に最新の情報を発信し続ける著者が、現代を生きるための基礎教養としての地政学をレクチャーする。世界を動かす「見えざる力の法則」の全貌を明らかにする、地政学テキストの決定版!



転換期を生きるきみたちへ

転換期を生きるきみたちへ

――中高生に伝えておきたいたいせつなこと

〈犀の教室〉 内田樹 編
四六判 288頁 定価:本体1400円+税
978-4-7949-6825-8 C0095 〔2016年7月〕
世の中の枠組みが大きく変化し、既存の考え方が通用しない歴史の転換期に、中高生に向けて「これだけは伝えておきたい」という知見を集めたアンソロジー。若者たちがこれからの時代を生き延びるための知恵と技術がつまった、未来へ向けた11のメッセージ。



国民所得を80万円増やす経済政策

国民所得を80万円増やす経済政策

――アベノミクスに対する5つの提案

〈犀の教室〉 藤井聡 著
四六判 276頁 定価:本体1500円+税
978-4-7949-6824-1 C0095 〔2016年6月〕
規律ある財政政策、デフレ完全脱却で「GDP 600兆円=国民所得80万円増」を達成し、財政健全化を果たせば、日本経済は必ず復活する。J・スティグリッツ、P・クルーグマンら世界の俊英との意見交換を経て、内閣官房参与が提示する、経済再生のシナリオ。



民主主義を直感するために

民主主義を直感するために

〈犀の教室〉 國分功一郎 著
四六判 276頁 定価:本体1500円+税
978-4-7949-6823-4 C0095 〔2016年4月〕
「何かおかしい」という直感から、政治へのコミットメントははじまる。哲学研究者が、さまざまな政治の現場を歩き、対話し、考えた思索の軌跡。民主主義を直感し、一歩踏み出すための、アクチュアルな評論集。