公共性の喪失

公共性の喪失リチャード・セネット 北山克彦・高階悟訳
A5判 512頁
定価:本体5800円+税
4-7949-6061-1 C0036 〔1991年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

現代は、私的な世界が公的な世界に限りなく浸食し、その境界がはっきりしない社会である。政治、都市生活、メディアなどのあらゆる領域にわたって、近代社会の成立以来の「公」と「私」の変容をたどり、現代社会のメカニズムを鋭くえぐる刺激的研究。「本書は間違いなくわれわれの明日についての考察によき手掛かりになる」(毎日新聞評)。


関連書籍