踊る大地球

――フィールドワーク・スケッチ

踊る大地球 フィールドワーク・スケッチ山口昌男
A4判変型 160頁
定価:本体2840円+税
4-7949-6388-2 C0039 〔1999年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

フィールドワークは、ナイジェリアから始まった。インド、フローレス島、種子島、メキシコ、カリブ海、ペルー……。文化人類学者は、世界の村々を歩き描いてきた。スケッチブックを開き点描すること――それは、著者にとって自らの思索を鍛え上げることであった。100点の絵が白い頁の上で踊っている。絵の案内人は杉浦日向子と畑中純である。


関連書籍