老人ホームに音楽がひびく

――作曲家になったお年寄り

老人ホームに音楽がひびく野村誠 大沢久子
四六判 217頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6693-8 C0036 〔2006年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

自由奔放な音楽を作りたい。好奇心溢れる30代の作曲家が共同作曲の相手に選んだのは、24時間介護の必要なお年寄り達だった! 体が不自由でも認知症でも何のその。人生の先輩は心から楽しむ術を知っていた。思い思いに楽器を鳴らし、ワイワイいいながら作詞して6年。様々な個性、人生経験、発想力が生んだ驚くべき音楽とは? 介護の明日をみつめる人間ドラマ。

 

〈読者からのお便り〉
活き活きとした生活の音や活動、匂いなどがあざやかに伝わってきて、とても楽しく読めました。(56歳男性)

★エッセイ「音楽の未来を作曲する」Web連載中!
野村誠の作曲日記


関連書籍