現代の地政学

〈犀の教室〉
佐藤優 著
四六判 320頁
定価:本体1500円+税
978-4-7949-6826-5 C0031 〔2016年7月〕

ブックサービスで購入する
アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

この知見を抜きにして、世界情勢は語れない。
話題の「地政学」テキストの決定版!

イギリスのEU離脱で揺れるヨーロッパ、泥沼化する中東情勢、「イスラム国」の脅威、世界に広がるテロ・難民問題、覇権国家の思惑、宗教・宗派間の対立……複雑に動く国際情勢を読み解くには、いま「地政学」の知見が欠かせない。各国インテリジェンスとのパイプを持ち、常に最新の情報を発信し続ける著者が、現代を生きるための基礎教養としての地政学をレクチャーする。世界を動かす「見えざる力の法則」の全貌を明らかにする、地政学テキストの決定版!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

第一講 地政学とは何か

第二講 ハートランドの意味

第三講 ヨーロッパと中東

第四講 海洋国家とは何か

第五講 二一世紀の地政学的展望

 

佐藤優(さとう・まさる)
作家、元外務省主任分析官。1960年生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在英国日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館などを経て、95年より本省国際情報局分析第一課に勤務。主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕され、05年執行猶予付き有罪判決を受ける。09年最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。13年執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失う。05年に発表した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。06年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。著書に、『いま生きる「資本論」』『いま生きる階級論』『危機を覆す情報分析』『資本主義の極意』『動因を探せ』『組織の掟』『使える地政学』など多数。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍