アラー世代

――イスラム過激派から若者たちを取り戻すために

アフマド・マンスール 著/高本教之・犬飼彩乃・由比俊行・早川文人・平井敏雄・荻原耕平 訳
四六判上製 336頁
定価:本体2500円+税
978-4-7949-6945-3 C0036 〔2016年11月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

若者たちは、なぜジハードに走るのか?

ドイツで移民の背景をもつ若者たちがイスラム過激主義に染まり、ISに参加するためにシリアへと向かう――。何が彼らを駆り立てるのか? イスラム教にテロの責任はあるのか? 彼らを引き止めるために、私たちに何ができるのか? 自らもかつて過激主義に染まり、そこから脱却した経験をもつ著者が、若者たちをジハードに引き込むサラフィストの手口を心理学的に分析し、予防と脱過激化の方法を提唱する。

【パブ情報!】
週刊エコノミスト3/21号 2017/3/13
西日本新聞 2017/2/12
図書新聞 2017/2/3
日本経済新聞 2017/1/29
北海道新聞 2017/1/29
産経新聞 2017/1/8

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

第一章 アラー世代

私たちが今すぐにはたらきかけなければならない若者たち
氷山の一角にすぎないのか?
私はどうやってイスラム原理主義者になったのか

 

第二章 過激主義の誘惑

我が家の食卓の見知らぬ人――子どもたちが過激化するとき
過激化の諸原因
ムスリムの責任
サラフィストのほうが優れたソーシャルワーカーであるわけ
過激派がみなシリアに上陸するわけではない――急進的な若者の三つのケース

 

第三章 予防、そして過激主義からの脱却――いますぐに!

全面的な機能不全
「私たち―君たち」という議論をやめよう
学校のあり方を変える――新しいソーシャルワークと教育
見栄えのよい冊子とキャンドル・ビジルでは問題は解決しない
すべてが手遅れでも、まだ残されていること――脱過激化

 

第四章 社会の盲点に対抗して 一〇の具体的な提案

 

補遺 ヘレナの物語――個々人を助けるための戦いは、なぜ価値があるのか

 

アフマド・マンスール
1976 年イスラエル生まれ(アラブ系イスラエル人)、心理学者。2004 年よりベルリン在住。自身も若い頃にイスラム過激派に染まり、そこから抜けだした経験をもっている。ベルリンで過激派に染まる若者と、その家族の支援活動を行っており、本書にはその活動が記録されている。
◇高本教之(たかもと・のりゆき)
1968年生まれ。首都大学東京助教。共訳書にヴォルフガング・シヴェルブシュ『敗北の文化――敗戦トラウマ・回復・再生』(法政大学出版局)など。
◇犬飼彩乃(いぬかい・あやの)
1977年生まれ。博士(文学)。首都大学東京助教。共訳書にライナー・エアリンガー『なぜウソをついちゃいけないの?――ゴットフリートおじさんの倫理教室』(KKベストセラーズ)。
由比俊行(ゆい・としゆき)
1976年生まれ。岡山大学准教授。共訳書にヴィンフリート・メニングハウス『吐き気――ある強烈な感覚の理論と歴史』(法政大学出版局)、多和田葉子編『カフカ ポケットマスターピース01』(集英社)。
早川文人(はやかわ・ふみと)
1975年生まれ。博士(文学)。金沢大学准教授。
平井敏雄(ひらい・としお)
1971年生まれ。学習院大学ほか非常勤講師。共著書に『ドイツ語できちんと書いてみる 中級ドイツ語文法と作文』(三修社)。
荻原耕平(おぎわら・こうへい)
1975年生まれ。首都大学東京非常勤講師。共著書に『独検対応 クラウンドイツ語単語1600』(三省堂)、『プロムナード やさしいドイツ語文法』(白水社)。共訳書にローマン&パトリック・ホッケ『「はてしない物語」事典――ミヒャエル・エンデのファンタージエン』(岩波書店)。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍