【イベント】「なぜ今、吉本隆明の思想が必要なのか」山本哲士さんトークショー

 

 

 

 

 

 

 

 

政治社会学者・山本哲士さんの新刊『吉本隆明と「共同幻想論」』の刊行を記念して、トークイベントを開催します。25年にわたって吉本隆明本人と対話し掴んだ「吉本思想」のエッセンスと理論的な可能性を、国家論、家族論、個人論において明らかするとともに、フーコー、ブルデュー、イリイチ、マルクスらの可能性と限界を読み解きながら、「吉本思想」の現在性と普遍性をおおいに語っていただきます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

登壇者◇山本哲士(文化科学高等研究院ジェネラル・ディレクター)/聞き手:明石健五(「週刊読書人」編集長)
日時◇2017年4月7日(金) 19:00~20:30(受付18:30~)
料金◇1,000円(ワンドリンク付き)
定員◇約30名
会場◇読書人スタジオ(新宿区矢来町109 (株)読書人
予約・お問い合わせ◇ (株)読書人トークイベント係 ☎03-3260-5791 または info@dokushojin.co.jp までメールにて。

共催◇週刊読書人、晶文社

 

山本哲士(やまもと・てつじ)
1948年生まれ。政治社会学、ホスピタリティ環境設計学。信州大学教授、東京芸術大学客員教授をへて、文化科学高等研究院ジェネラル・ディレクター。2016年、webintelligence university(web-uni.com)をたちあげる。著書に『文化資本論』(新曜社)、『新版・ホスピタリティ原論』『哲学の政治 政治の哲学』『フーコー国家論』『ブルデュー国家資本論』(共に文化科学高等研究院出版局)、『吉本隆明の思想』(三交社)、『吉本隆明と「共同幻想論」』(晶文社)、吉本隆明との対談として『教育・学校・思想』(日本エディタースクール出版部)など。著者・編著は50冊以上、編集雑誌は140冊以上におよび、超領域的専門研究の学問設計をなしつづけている。