お金の悪魔

――フェおばさんの経済学レクチャー

H・M・エンツェンスベルガー 著 丘沢静也、小野寺舞 訳
A5判並製 208頁
定価:本体1600円+税
978-4-7949-6962-0 C0033 〔2017年5月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

ベストセラー『数の悪魔』の作者が贈る、
「お金」と「人生」についてのレクチャー!

この世の中では、いつもお金がついて回る。お金は便利な発明だけど、お金の問題には危険や罠もひそんでいる。お金でだまされない、お金に振り回されないためには、経済や金融のことを、知らないでは済まされない。

大金持ちのフェおばさんと3人の子どもたちのおしゃべりを通して、お金の歴史をひもとき、現代の世界経済を観察しよう。お金の悪魔が大いばりでのし歩く世界で、お金と人生について考えるための経済学レクチャー。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】


Ⅰ フェおばさんの訪問

ものすごく横長の絵葉書
昔、美人だったのは確かだ
黒いリムジンで狭いわが家に
みんなの名前がFで始まる
フィア・ヤーレスツァイテン
お金はどこからやってくるのか?
まったくそのとおりだわ。フォルスターさん
お金がさ、紙ふぶきみたいに舞いながら
誰がファニーの世話してくれたのか
ファビアンは勇敢に戦った
そいつらの言葉は、ひとことも信じちゃいけない
長距離バスでチェコに
美術品の取引はスイスのチーズに似てる
もしかしたら、私たちのことが好きなだけなのかも
経済はクラシックカーじゃない
〈景気〉はとても愉快な歌だった
フィア・ヤーレスツァイテンで誕生日会
だけど返事はこない!

 

Ⅱ フェおばさんの帰還

一番なりたいのは、お金持ち
タルトをできるだけ薄くスライスする
惑星の道は、どう?
連絡先も残さずに

 

Ⅲ フェおばさん、フェーダーマン家に越してくる

みんなはちょっと途方に暮れていた
フェおばさん、お金あるの?

 

Ⅳ フェおばさんの遺産

じゃ、またね、フェリシタス!
わが家の電話が鳴った
ラ・ペルヴァンシュへの初訪問
丁重な送り状を添えた経費の請求書
私が相続した遺産

 

言葉のリスト

 

◇H・M・エンツェンスベルガー(HANS MAGNUS ENZENSBERGER)
1929年生まれ。ドイツの詩人・作家・評論家・編集者。党派に属さず、つねに時代と社会への鋭い提言にみちた文筆活動を展開し、「ドイツ知識人の頭脳」とも呼ばれている。『エンツェンスベルガー全詩集』(人文書院)、『意識産業』『政治と犯罪』『ハバナの審問』『スペインの短い夏』『ヨーロッパ半島』『ドイツはどこへ行く?』『冷戦から内戦へ』『がんこなハマーシュタイン』『数の悪魔』(いずれも晶文社)など。
◇丘沢静也(おかざわ・しずや)
1947年生まれ。ドイツ文学者。首都大学東京名誉教授。著書に『下り坂では後ろ向きに』(岩波書店)、『マンネリズムのすすめ』(平凡社新書)、『からだの教養』(晶文社)、『コンテキスト感覚』(筑摩書房)など。訳書にニーチェ『ツァラトゥストラ』、カフカ『変身/掟の前で』、ヴィトゲンシュタイン『哲学探究』、ケストナー『飛ぶ教室』、エンデ『鏡のなかの鏡』、エンツェンスベルガー『数の悪魔』など。
◇小野寺舞(おのでら・まい)
1990年生まれ。翻訳者。会社員。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍