Category: エッセイ・小説Subscribe to エッセイ・小説



遺品

遺品

――あなたを失った代わりに

柳原三佳
B6判 128頁
定価:本体1400円+税
978-4-7949-6768-8 C0095 〔2011年〕
遺品――。それは、高価なものでも珍しいものでもないけれど、かけがえのない、大切なもの。流れていた時間は止まってしまっても



たましいの場所

早川義夫
四六判 272頁
定価:本体1700円+税
4-7949-6539-7 C0095 〔2002年〕
好きな人の前では本当のことを言おう。好きな人の前ではいっぱい恥をかこう。ロングセラー『ぼくは本屋のおやじさん』から20年



おばあさんになるなんて

神沢利子
四六判 208頁
定価:本体1600円+税
4-7949-6402-1 C0095 〔1999年〕
「くまの子ウーフ」は、どこから生まれてきたのか?自伝『流れのほとり』を書くきっかけは?創作活動のエピソードを織り交ぜなが



同じうたをうたい続けて

神沢利子
四六判 208頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6694-6 C0095 〔2006年〕
『くまの子ウーフ』や『ちびっこカムの冒険』を生み出した児童文学作家の神沢利子さん。50年代からの創作活動も半世紀を超えま



しあわせのねだん

角田光代
四六判 200頁
定価:本体1400円+税
4-7949-6668-7 C0095 〔2005年〕
お金には無頓着。だけど、ほしいものはどうしてもほしい!そんな直木賞作家が、お金にまつわるひたむきな思いと体験を綴った。魅



声をなくして

永沢光雄
四六判 304頁
定価:本体1800円+税
4-7949-6669-5 C0095 〔2005年〕
『AV女優』などの話題作でインタビューの名手として知られる永沢光雄が下咽頭ガンを患い、手術で一命をとりとめたものの、声を



そうかもしれない

耕治人
四六判 176頁
定価:本体1500円+税
978-4-7949-6706-0 C0093 〔2007年〕
妻が八百屋や魚屋に買ったものを忘れてくるようになった。それがはじまりだった。脳軟化症を病んだ妻、けんめいに介護する夫もガ


Scroll Up