平和と平等をあきらめない

平和と平等をあきらめない高橋哲哉・斎藤貴男
四六判 288頁
定価:本体1400円+税
4-7949-6611-3 C0036 〔2004年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

勝ち組が恩恵を受け、負け組は切り捨てられて当然とする「強者の論理」がまかり通っている。人が人を見下すことが日常化しなければ、戦争はできない。憲法改正が迫りつつある今、「平和と平等」の理想はどこへ行ってしまうのか――。哲学者とジャーナリストの熱き対論。「日本に蔓延する生活保守主義に警鐘を鳴らす」(サンデー毎日評)。

関連書籍

Scroll Up