霞ヶ関の正体

――国を亡ぼす行政の病理

霞ヶ関の正体稲葉清毅
四六判 280頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6686-5 C0031 〔2005年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

崩壊寸前の年金制度。厖大な浪費をかさねる公共事業。国民のニーズとかけはなれた教育・医療・福祉。このまま放置すれば大増税時代の到来はまぬがれない。長年、霞ケ関の中枢で行政改革にたずさわり、お役人の生態を知りつくした著者が、その病理をエピソードをまじえてわかりやすく分析し、その克服のために類書にない提言をおこなう。

関連書籍

Scroll Up