『アジア全方位』(四方田犬彦著) 刊行記念イベントのお知らせ

『アジア全方位 papers1990-2013』刊行記念
「日本もアジアの端っこ アジアは星の数だけある」

韓国、香港、中国、タイ、インドネシア……そしてイラン、パレスチナまで。アジア中を飛び回り、日本の文化と社会の問題をつねにアジアという文脈の中で考えてきた四方田犬彦さん。

アジアをめぐる四半世紀にわたる思索と探求を集成した『アジア全方位』の刊行を記念し、トークイベントを開催いたします。

四方田さんは2013年10月から2ヵ月間、台湾に滞在して帰って来たばかり。
そこで目にしたのは、若い人たちの間に根強い女神信仰でした。
そんな台湾の文化、宗教に関する報告の話から、韓国との違い、日本との比較のお話なども交えて、アジア的な知恵とは何かを導き出し、われわれ人間がこれからどうやって生きていくべきか、そのためのヒントを語っていただきます。

多くのアジアの社会は植民地化を通して、日本よりもはるかにヨーロッパを知っています。
日本は周辺の、そのまた周辺にすぎないということの自覚から、すべての認識を変えなければなりません。

出演 _ 四方田犬彦
日時_ 2014年1月11日(土) 14:30開場 15:00開演
場所 _ 本屋B&B 世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料 _1500yen + 1 drink order
※お問い合せはB&B TEL:03-6450-8272 まで。
開催日時 _ 15:00~17:00 (14:30開場)
場所 _ 本屋B&B


Scroll Up