栗田明子さん、第7回ゲスナー賞「本の本」部門銀賞受賞

日本著作権輸出センター(JFC)相談役・栗田明子さん(弊社より『海の向こうに本を届ける 著作権輸出への道』を刊行)が、第7回ゲスナー賞「本の本」部門銀賞(2014年度)を受賞いたしました。

ゲスナー賞の詳細はこちら

〔第7回ゲスナー賞授賞式にて〕前列右から2番目が栗田さん。
第7回ゲスナー賞受賞作
「目録・索引」部門
銀賞 松菱多津男『邦訳「ガリヴァー旅行記」書誌目録』(春風社刊)
銀賞 新島実『タイポグラフィ 2つの潮流』(武蔵野美術大学美術館・図書館刊)
銀賞 鷹見本雄『オランダ名ヤン・ヘンドリック・ダップルを名のった武士 鷹見泉石』/片桐一男『蘭学家老 鷹見泉石の来翰を読む(蘭学篇)』(岩波ブックセンター)
「本の本」部門
銀賞 大沼晴暉『図書大概』(汲古書院)
銀賞 栗田明子『海の向こうに本を届ける』(晶文社)
銀賞 安形麻理『西洋活字の歴史-グーテンベルクからウィリアム・モリスへ』(慶應義塾大学出版会)
特別賞 中野幸一、榎本千賀『ちりめん本影印集成 日本昔噺輯篇』(勉誠出版)

 

 

日本の出版物を世界に紹介した
最初のエージェントの物語
海の向こうに本を届ける
ISBN978-4-7949-6770-1
定価:2400円+税
晶文社より好評発売中

Scroll Up