【イベント】『ブラック・デモクラシー』&『誰が「橋下徹」をつくったか』刊行記念 藤井聡さん✕松本創さん トーク&サイン会 ※このイベントは終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

大阪ダブル選挙(11月22日投開票)へ向けた準備が着々とすすむなか、大阪都構想を検証する2冊の書、『ブラック・デモクラシー』(藤井聡編/晶文社/11月6日発売)と、『誰が「橋下徹」をつくったか』(松本創 著/140B/11月12日発売)が上梓されます。それを記念して、140Bとの合同イベントを開催することになりました。選挙前に、橋下維新の8年間と『大阪都構想』のおさらいを!

出演◇藤井聡、松本創
日時◇2015年11月13日(金) 19:30~
会場ジュンク堂書店 大阪本店 3階喫茶コーナー
参加方法◇イベント当日開始時間までに、大阪本店にて対象書籍をお買い上げいただき、整理券をお受取の上、3階喫茶コーナーまでお越しください。
対象書籍◇藤井聡編『ブラック・デモクラシー』(晶文社)/松本創『誰が「橋下徹」をつくったか』(140B)

☆ジュンク堂書店公式案内ページはこちら


◇藤井聡(ふじい・さとし)
1968年奈良県生まれ。京都大学大学院工学研究科教授(都市社会工学専攻)。京都大学土木工学科卒、同大学院土木工学専攻修了後、京都大学大学院工学研究科教授、同大学レジリエンス研究ユニット長。第2 次安倍内閣・内閣官房参与。著書に『社会的ジレンマの処方箋』『公共事業が日本を救う』など。
◇松本創(まつもと・はじむ)
1970年大阪府生まれ。神戸新聞記者を経て、現在はフリーランスに。関西を拠点に政治・行政、都市や文化などをテーマに取材、執筆。著書に『ふたつの震災-[1・17]の神戸から[3・11]の東北へ』(共著)、最新作に『ひたむきな日本人の生き方』(ともに講談社刊)がある。

Scroll Up