維新と敗戦

――学びなおし近代日本思想史

先崎彰容 著
四六判上製 316頁
定価:本体2000円+税
978-4-7949-7053-4 C0095 〔2018年8月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

すべては明治に出揃っている

国防に貧困対策、国のかたちや日本人らしさ……150年間問われ続けてきた近代日本の超難問に、先人たちは苦悩し答えてきた。福澤諭吉から保田與重郎、丸山眞男、橋川文三、網野善彦まで、23人の思想家による日本思想史・再入門。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

ナショナリズム=デモクラシーの時代――福澤諭吉
自由をもとめて自由を殺さないために――中江兆民
ゆれ動く感受性と明治日本――高山樗牛
批評家とは何者か――北村透谷
百年前の「時代閉塞の現状」――石川啄木
「美しいアジア」は何処へ行ったか――岡倉天心
悲哀の時代をどう生きるか――三木清
不安定の底にある「不安」――保田與重郎
自由民権かテロルか――頭山満
もう一つの「近代」――萩原朔太郎
ロマン主義と「孤高」の詩人――伊東静雄
戦後の若き世代へ―丸山眞男
「ごっこ」の世界が終ったとき――江藤淳
ナショナリズムと社会革命―竹内好
ロマン主義とナショナリズム――橋川文三
死者とともに迎える敗戦――柳田國男
象徴天皇制と戦後――和辻哲郎
批評家になるための必要条件――吉本隆明
「からっぽ」な戦後――三島由紀夫
天皇と民主主義――坂口安吾
鎌倉仏教誕生秘話――網野善彦
左翼・右翼が生まれる時――葦津珍彦
戦後70年、憲法改正をどうするか――高坂正堯

『日本』を組み立てる――明治と現在、百五十年をめぐる旅
現代日本に、大転換はおきるか――近代・反近代・明治日本
ナショナリズムとパトリオティズムは別物か
水戸学の誘惑――会澤正志斎『新論』を読む
美と政治のあいだ――小林秀雄の登場
昭和天皇への「近づき方」――昭和天皇と後醍醐天皇
ナショナリズムの「復権」
微笑と敗戦――荒野に立つ亀井勝一郎
死者を慰霊する季節に――あとがきに代えて

 

◇先崎彰容(せんざき・あきなか)
1975年、東京生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。東北大学大学院文学研究科日本思想史博士課程修了。政府給費留学生として、フランス・社会科学高等研究院に学ぶ(専攻:国際日本学)。専門は日本思想史。現在、日本大学危機管理学部教授。
著書に『個人主義から<自分らしさ>へ――福沢諭吉・高山樗牛・和辻哲郎の「近代」体験』(東北大学出版会)、『高山樗牛――美とナショナリズム』(論創社)、『ナショナリズムの復権』(ちくま新書)、『違和感の正体』(新潮新書)、『未完の西郷隆盛』(新潮選書)などがある。
関連書籍

Scroll Up