決定版 からだの教養12ヵ月

――食とからだの養生訓

若林理砂 著
四六判並製 372頁
定価:本体1850円+税
978-4-7949-7051-0 C0095 〔2018年8月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

からだの基本動作からペットボトル温灸まで、
人気鍼灸師の健康法のすべてがつまった一冊

治療よりも養生が大切。不健康な生活でからだを壊してしまう前に、東洋医学と古武術をベースにした12ヵ月のメソッドで健康を保とう! 現在、初診予約を停止中の人気鍼灸師が、自ら編み出した独自の健康法を、立つ・歩く・呼吸するなど身体の基本動作トレーニングと、季節ごとの食養生レシピ、さらにペットボトル温灸や爪楊枝鍼など〈からだの手当て〉の3本立てで紹介。続けていけば少しずつからだの痛みや不具合が消えていく、食とからだと手当てのレシピ。2013年に刊行し好評を博した『からだの教養12ヵ月』の大幅増補決定版。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

 

〈からだ稽古編〉
■ゼロ地点 ラジオ体操ができないところから
■1ヵ月目 正しい姿勢って何なんだろう?
■2ヵ月目 無駄な力って、どれ?
■3ヵ月目 ゆらぐ体を感じよう
■4ヵ月目 「軸」を知る
■5ヵ月目 無理なく座る
■6ヵ月目 楽に立つ
■7ヵ月目 上半身を固めず動かす(1)
■8ヵ月目 上半身を固めず動かす(2)
■9ヵ月目 歩く
■10ヵ月目 なんであちこち痛くなるのか
■11ヵ月目 呼吸と声
■12ヵ月目 動くための解剖学

 

〈食と養生編〉
■季節にあわせる、その前に
■食こそ養生のかなめ
■東洋医学の身体観・自然観
■春のレシピ
■梅雨のレシピ
■夏のレシピ
■長雨のレシピ
■秋のレシピ
■冬のレシピ
■常に食べる食材の性質

 

〈からだ手当て編〉
■ペットボトル温灸
■爪楊枝鍼
■風邪の漢方の使い方
■テーピング法(通称「リサット」)

 

◇若林理砂(わかばやし・りさ)
1976年生まれ。鍼灸師・アシル治療室院長。東京医療専門学校にて鍼灸免許を取得し、その後早稲田大学第二文学部・思想宗教系専修にて主に宗教を学ぶ。2004年アシル治療室を開設。現在は初診予約を停止しているほどの人気。古武術を学び、現在の趣味はカポエィラ。主な著書に『安心のペットボトル温灸』(夜間飛行)、『その痛みやめまい、お天気のせいです――自分で自律神経を整えて治すカンタン解消法 』(廣済堂出版健康人新書)、『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話──「寝る・食う・動く」を整える』(ミシマ社)など。
関連書籍

Scroll Up