男はなぜ孤独死するのか

――男たちの成功の代償

トーマス・ジョイナー 著 宮家あゆみ 訳
四六判並製 336頁
定価:2,420円(本体2,200円)
978-4-7949-7419-8 C0011〔2024年5月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

必死に働いて生きてきたのに、
気がつくとまわりには誰もいなかった……。
そんな事態になりたくない人は、手にとってみてください。
孤独死から逃れるノウハウがつまっています

男性は女性に比べて自殺する率が高い。その一つの要因に、男性が孤独になりやすい性質を持つことがあげられる。では、なぜ男性は孤独に陥るのか? 男性が孤独による死のリスクから逃れるにはどうすればよいのか? 自分の父親を自殺で亡くした経験を持ち、自殺問題についての第一人者が、豊富な臨床データと心理学のエビデンスに基づき、孤独死を避けるための具体的な処方箋を提示する実用書。

孤独を引き起こす3つの要因を自覚せよ!
1.男は対人スキルを学習しないまま大人になる

2.男は自立を重んじプライドが高く、人の手を借りるのが苦手

3.男は家族や友人よりも仕事、地位、お金を優先する

→ゆえに孤独死する確率が高くなる。
本書の解決策をいまから実践してみてください!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

■第1部 問題点

第1章 孤独な性:孤独は、すべてを手にしていることから始まる

■第2部 原因と結果

第2章 原因:甘やかされること
第3章 原因:自治の自由を踏みにじるな──独立の危機
第4章 原因:お金や地位を追い求め、孤立を獲得する
第5章 頂上の孤独
第6章 結果:自己破壊行動への道(銃、ゴルフ、NASCAR、アルコール、セックス、離婚)

■第3部 解決策

第7章 解決策:自然を愛し、健康を取り戻す
第8章 解決策:他者とつながる現実的な方法

■第4部 結論

第9章 性差別、普遍性について、そして未来

 

◇トーマス・ジョイナー(Thomas Joiner)
フロリダ州立大学ロバート・O・ロートン特別教授賞を受賞した同校の心理学教授。メンズヘルスのエキスパート。『メンズ・ヘルス』誌の顧問であり、米国防総省が資金を提供した、軍隊での自殺率を下げる方法に関する7000万ドルのプロジェクト「軍人の自殺に関する研究コンソーシアム」の主任研究員を務めた。グッゲンハイム財団およびロックフェラー財団からフェローシップを受け、ウォール・ストリート・ジャーナル、ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)、ドクター・フィルを含むラジオ、出版、テレビなどのメディアに多数出演。フロリダ州タラハシー在住。 1965年ジョージア州アトランタ生まれ。 プリンストン大学で学び、テキサス大学オースティン校で博士号を取得している。
◇宮家あゆみ(みやけ・あゆみ)
ニューヨーク在住。ライター・翻訳者・編集者。神奈川県鎌倉市出身。ニューヨーク大学大学院卒。アメリカ文学専門誌『アメリカン・ブックジャム』の取材、執筆、編集ほか出版業務全般に携わる。訳書に『ブックストア――ニューヨークで最も愛された書店』『チャスとリサ、台所でパンダに会う』『モラルハラスメント あなたを縛る見えない鎖』『ガール・クック』『マイ・ハート・ビート』『ドラッグカルチャー――アメリカ文化の光と影(1945~2000年)』『シバの女王の娘』などがある。朝日新聞GLOBE紙面「世界の書店から」でニューヨークの回を執筆中。
関連書籍