単語の意味を覚える方法

8月5日

暑いですね~。
クーラーをガンガンつけてお勉強日和です。
前回、教授法は関係性で覚えるお話をしました。
今回は単語の意味を例文で覚える方法をご紹介します。

たとえば「比喩の4分類」↓↓

①シミリ・・・・・・・たとえるものと似たものをおき、その後に「ような」「みたいな」「ごとき」などを用いて表現する。
②メタファ・・・・・・たとえるものとたとえられるものの「類似性」に基づいて表現する。
③メトニミー・・・・一部の特徴的なことからイメージを引き出す。「隣接性」(関係性)に基づく。
④シネクドキー・・「全体と部分」や、上位下位の包摂関係を用いて表現する。

カタカナ語は覚えづらいですね。

そこで例文で覚えることにしました↓↓
①シミリ・・・・・・・ひまわりのような笑顔
②メタファ・・・・・・足が棒になる
③メトニミー・・・・鍋を食べる
④シネクドキー・・花見に行く

これで、覚えづらいカタカナ語もバッチリです。
皆さんも試してみてください。


Scroll Up