Category: メディア・出版・本の本Subscribe to メディア・出版・本の本



書物愛[海外篇]

書物愛[海外篇]

紀田順一郎編
四六判 356頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6664-4 C0097 〔2005年〕
世界で一冊しかない本。手にとる者の魂をうばう美しい本。人から人へと数奇な運命をたどる本。書物の達人が、本を主題とする知ら



語りの背景

語りの背景

加藤典洋
四六判 296頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6620-2 C0095 〔2004年〕
膝に猫、手には本、まなざしは同時代へ――。夏目漱石、ヘミングウェイを再読し、村上春樹、よしもとばなな、阿部和重らから21



極西文学論

極西文学論

――Westway to the World

仲俣暁生
四六判 240頁
定価:本体1600円+税
4-7949-6645-8 C0095 〔2004年〕
「極西」文学。それはテクノロジーと戦争の時代が生んだ新しい小説の姿だ。アメリカ文学、ポップカルチャー、テクノロジー、そし



雑読系

雑読系

坪内祐三
四六判 352頁
定価:本体2000円+税
4-7949-6559-1 C0095 〔2003年〕
雑読って? 読んで字のごとく。雑多な読書である。権威や大系というものに交じり会うことはない。あっちにいったりこっちにきた



文庫本を狙え!

文庫本を狙え!

坪内祐三
四六判 384頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6460-9 C0095 〔2000年〕
書評界の“怪人”のエッセイが一冊の本になった。実に154冊の文庫本が登場する。武田百合子『日日雑記』、村上春樹『やがて悲



古くさいぞ私は

古くさいぞ私は

坪内祐三
A5判 320頁
定価:本体2600円+税
4-7949-6419-6 C0095 〔2000年〕
著者は、ジャンルを越え時代を飛び、面白い本を紹介してくれる案内人だ。幅広い目線のヒミツはどこにあるのだろうか。ヒントとな



私の好きな時代小説

私の好きな時代小説

常盤新平
四六判 224頁
定価:本体1900円+税
978-4-7949-6736-7 C0095 〔2008年〕
年を取るにつれ時代小説が好きになっていく。捕物の謎解きに心躍らせ、江戸の町の人情に触れ、今の世から失われたものを懐かしみ