【イベント】『吉本隆明全集』第10回配本記念 橋爪大三郎さん×水無田気流さんトークイベント「詩と科学の魂をつなぐ」 ※このイベントは終了しました。

 

吉本隆明さん(1924~2012)は、大学にも、会社にも、文壇にも属さず、その学問的生涯を完全な在野としてすごした異色の思想家です。敗戦後の虚無のなかから、みずからの思想を自分の言葉だけで構築し、激変していく社会のなかで、既成の常識や権威に、自分の言葉だけで立ち向かおうとし続けた、稀有な人でした。その発言は、詩、文学、政治、哲学、宗教、言語学、性愛、さらにはサブカルチャーにまでおよび、徹底的に突きつめられたその言説は、熱狂的な共感と反発を生み出しました。時代時代の危機に際して、いつもはっきりした足跡を印そうとしたその態度と著作の規模は、日本の思想史において、いまなお抜きん出た存在であり続けています。

『吉本隆明全集』(全38巻+別巻1)は、2014年3月に刊行を開始し、この6月に第10回配本である第1巻が発売されます。その刊行を記念し、吉本さんの巨大な業績を振りかえるとともに、そこに残された、現代に接続可能な課題とは何かを探る、そんなテーマの連続講座を開催したいと思います。

第一回のゲストである橋爪大三郎さんと水無田気流さんは、かつて東京工業大学世界文明センターの副センター長およびフェローとして吉本さん宅に通い、芸術言語論についての講義ビデオを制作したというご縁のあるふたり。今回の対談では、吉本思想を支えた科学と詩、両方の魂に光をあてながら、歴史の大きな転換点にある今、時代に対して私たちはどのような態度でのぞむべきなのか、そんな解析を試みていただこうと思います。

 

 

登壇者:橋爪大三郎×水無田気流
日 時:2016年7月12日(火) 19時00分~(開場18時30分)
場 所東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
参加費:500円(要予約)

【予約・お問い合わせ】
参加ご希望の方は、東京堂書店HP内イベント告知ページにある専用応募フォームからお申込みいただくか、電話(03-3291-5181)または東京堂書店店頭にて、『橋爪大三郎さん×水無田気流さんトークイベント参加希望』とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。
イベント当日と前日は、電話(03-3291-5181)にてお問い合わせ下さい。

※当日17:00より東京堂書店1階レジカウンターにて受付を行います。 イベントチケットは6階入口にて回収致しますので、そのままお持ちください。

◇橋爪大三郎(はしづめ・だいさぶろう)
1948年、神奈川県生まれ。社会学者・東京工業大学名誉教授。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。理論社会学、比較宗教学、現代社会論、現代アジア研究などをてがける。『はじめての構造主義』、『はじめての言語ゲーム』、『ふしぎなキリスト教』(共著)(以上、講談社現代新書)、『永遠の吉本隆明 増補版』(洋泉社新書y)、『ほんとうの法華経』(共著、ちくま新書)、『あぶない一神教』(共著、小学館新書)、『クルアーンを読む』(共著、太田出版)、『日本逆植民地計画』(小学館)など著書多数。
◇水無田気流(みなした・きりう)
1970年、神奈川県生まれ。詩人・社会学者。早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程単位取得満期退学。詩人として『音速平和』で中原中也賞、『Z境』で晩翠賞を受賞。著書に、『黒山もこもこ、抜けたら荒野 デフレ世代の憂鬱と希望』、『平成幸福論ノート』(田中理恵子名義)、『シングルマザーの貧困』(以上、光文社新書)、『無頼化した女たち』(亜紀書房)、『「居場所」のない男、「時間」がない女』(日本経済新聞出版社)など。

Scroll Up