志士から英霊へ | 晶文社

志士から英霊へ

――尊王攘夷と中華思想

〈犀の教室〉
小島毅 著
四六判並製 258頁
定価:本体2000円+税
978-4-7949-7036-7 C0021 〔2018年6月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

反逆者・松陰は、
なぜ靖国に祀られるのか?

反逆の罪に問われて死罪となった吉田松陰は、明治になって甦り靖国神社に祀られ、教育者としても賞揚されている。西郷隆盛も、時代によって、人によって評価がわかれる。幕末に尊王攘夷を掲げた志士たちの実像は、為政者や時代の空気によって書き換えられる。
そもそも尊王攘夷とは、中国の儒教から出てきた考え方で、君主の権威を擁護して異民族を国外に排斥することである。幕末の志士たちは、列強の脅威をはらい天皇を担ぎ出して維新を遂行した。やがて彼ら自身が英霊として担がれ、1945年まで生き続ける。志士から英霊へ――継続あるいは転換は、どのようにおきたのだろうか。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

1 二人のジェダイ――西郷隆盛と吉田松陰

西郷隆盛と足利尊氏――大河ドラマ「西郷どん」雑感
西郷隆盛の敬天愛人
大河ドラマ「花燃ゆ」と吉田松陰
吉田松陰と陽明学
明治から昭和へ、松陰像の変遷
破壊王と呼ばれて
私が吉田松陰批判を通じて目指すこと
教育者、松陰の誕生――玖村敏雄『吉田松陰』解説

 

2 ダークサイドの誘惑――殺身成仁の美学

死を見据える――儒教と武士道、「行の哲学」の系譜
太平記、宋学、尊王思想
太平記と夢窓疎石

 

3 エンパイアの理念――宋学の思想史的意義

思想史から見た宋代近世論
宋学の尊王攘夷思想とその日本への影響
水戸学の天皇論――現行制度を再検討するために

 

4 フォースと共にあれ――理気論の人間観

朱子学の理気論・心性論
東アジア伝統思想の「尊厳」
正気歌の思想――文天祥と藤田東湖

 

あとがき

 

◇小島毅(こじま・つよし)
1962年生まれ。東京大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は中国思想史。東アジアから見た日本の歴史についての著作も数多くある。著書に、『儒教が支えた明治維新』(晶文社)、『増補 靖国史観――日本思想を読みなおす』『朱子学と陽明学』(ちくま学芸文庫)、『近代日本の陽明学』(講談社選書メチエ)、『父が子に語る日本史』『父が子に語る近現代史』(トランスビュー)、『「歴史」を動かす――東アジアのなかの日本史』(亜紀書房)、『儒教の歴史』(山川出版社)、『天皇と儒教思想』(光文社新書)などがあり、監修したシリーズに『東アジア海域に漕ぎだす(全6巻)』(東京大学出版会)がある。
関連書籍

Scroll Up