COOK

坂口恭平 著
B5変型ビニールカバー装 160頁(うちカラー112頁)
定価:本体2200円+税
978-4-7949-7069-5 C0095 〔2018年12月18日発売予定〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

やってみよう、やってみよう。
やれば何か変わる。
かわいい料理本のはじまりはじまり。

「料理をすると、『さぁ、明日どうする?』ということを考えるようになる。考えることが楽しい。僕は明日どうするって、これまであんまり考えてこなかった。この考え方が鬱に効く。鬱の時、明日が来なければいいとばかり思う。どんな明日か、なんて想像しない。想像すると楽しいことを忘れてた」
色とりどりの料理と日々の思索を綴った、写真付き30日間自炊料理日記「cook1,2」と料理の起源へと立ち戻るエッセイ「料理とは何か」を収録する新世紀の料理書。

 

坂口恭平(さかぐち・きょうへい)
1978年、熊本県生まれ。料理家、作家、建築家、音楽家、画家。2001年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004 年、路上生活者の住居を収めた写真集『0 円ハウス』を刊行。2008年、それを元にした『TOKYO 0 円ハウス 0 円生活』で文筆家デビュー。2011年、東日本大震災がきっかけとなり「新政府内閣総理大臣」に就任。その体験を元にした『独立国家のつくりかた』を刊行し、大きな話題を呼ぶ。最新刊に『建設現場』(みすず書房)など。

Scroll Up