もう革命しかないもんね

森元斎 著
四六判並製 272頁
定価:1,870円(本体1,700円)
978-4-7949-7266-8 C0095〔2021年5月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

DIY=平和な工作活動!?
からだを動かしながら考えよう。
革命の最前線は<日常>にあり。

里山に移住した哲学者・アナキストによる実践的ゆるゆる「生活の哲学」入門講座。

「さて、どうしようか。
お金はあっても生きていけるが、なくても生きていける。
どこへ行っても、その人が必要とされ、その人の能力が
発揮されるであろう場所は、ある」

福岡のとある里山地域に移住した著者は、どのように「生活」を哲学=行為していったのだろうか。
拠点づくり/食料の確保/活動資金の得方/料理/日常のずらし方/お金の秘密/子育てと教育etc…
日常に根差した哲学を実践的、かつ等身大のことばで語る、革命日誌。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

はじめに

第1章 家探し――まず、拠点をつくる
第2章 農作業――食料を確保する
第3章 仕事――活動資金を得る
第4章 料理――活きる力を養う
第5章 旅行――ぶっ飛んで日常をずらす技法
第6章 カネとリャク――この世の仕組みを考える
第7章 音楽――music unites everything?
第8章 映画――日常を脱構成せよ
第9章 本――言葉で戦え
第10章 子育てと教育――革命を「育成」するということ
第11章 革命――自分の居場所を作るということ
第12章 家探し、再び――ずれて、拠点を作り、またずれる

あとがき

 

◇森元斎(もり・もとなお)
1983年生まれ。東京都出身。長崎在住。専攻は、哲学・思想史。学位は博士(人間科学)(大阪大学、2015年)。中央大学文学部哲学科卒業、大阪大学大学院人間科学研究科修了。日本学術振興会特別研究員、パリ第十大学研究員などを経て、現在、長崎大学教員。ホワイトヘッド哲学を中心とした現代思想や、アナキズムに関する思想の研究を行っている。著書に『アナキズム入門』(筑摩書房、2017)、『具体性の哲学』(以文社、2015)、『国道3号線』(共和国、2020 年)など。共訳書に、G・ハーマン『思弁的実在論入門』( 人文書院、2020)、H・フラスベック+C・ラパヴィツァス『ギリシャ デフォルト宣言』( 河出書房新社、2015) がある。
関連書籍

Scroll Up