あしたから出版社

〈就職しないで生きるには21〉
島田潤一郎著 装丁:矢萩多聞 装画:ミロコマチコ
B6判並製 288頁
定価:本体1500円+税
978-4-7949-6851-7 C0095 〔2014年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

〈就職しないで生きるには21〉シリーズ第4弾!!

吉祥寺のひとり出版社 夏葉社 の 5年間の歩み!!

設立から約5年――。一冊一冊こだわりぬいた本づくりで多くの読書人に支持されるひとり出版社は、どのように生まれ、歩んできたのか。編集未経験からの単身起業、ドタバタの本の編集と営業活動、忘れがたい人たちとの出会い……。いまに至るまでのエピソードと発見を、心地よい筆致でユーモラスにつづる。

【夏葉社とは?】
昭和51年生まれの島田潤一郎さんが営む、吉祥寺のひとり出版社。「何度も、読み返される本を」をスローガンに掲げ、長く絶版になっていた本や、かつて自費出版で刊行された幻の作品の復刊を中心に、これまで10冊以上の本を刊行してきた。近年は復刊以外に、『冬の本』『本屋図鑑』など、独自の視点で編集した本も手がけている。

〈書評・パブ掲載〉
サンデー毎日 2014.8.31号
Actuer 2014.9月号(評者:ピース・又吉直樹さん)
日本経済新聞 2014.7.23夕刊(評者:批評家・陣野俊史さん)
ビッグコミックスピリッツ 2014.7.21号(評者:古書店主・宇田智子さん)
新文化 2014.7.24号
アエラ 2014.7.21号(評者:紀伊國屋書店員・星真一さん)
北海道新聞 2014.7.13

◇島田潤一郎(しまだ・じゅんいちろう)
1976年、高知県生まれ。東京育ち。日本大学商学部会計学科卒業。アルバイトや派遣社員をしながら、ヨーロッパとアフリカを旅する。小説家を目指していたが挫折。2009年9月に33歳で夏葉社を起業。本書が初めての著書になる。

☆書店様へ・・・注文書ダウンロードはこちら


関連書籍