Category: 出版書籍Subscribe to 出版書籍



写真論

スーザン・ソンタグ 近藤耕人訳
四六判上製 266頁
定価:本体1800円+税
978-4-7949-7023-7 C0072 〔2018年4月改版〕
現代は写真の時代である。写真がわれわれの意識を支配し、現代文化の隠れた構造を決定づけていることを分析する、最もラディカル



市場のことば、本の声

市場のことば、本の声

宇田智子 著
四六判上製 240頁 定価:本体1600円+税
978-4-7949-7024-4 C0095 〔2018年6月〕
沖縄の本を地元で売ることにあこがれて、那覇に移住して9年。店先から見えてきた、そして店先で考えてきた、本のこと、人のこと、沖縄のこと……。古本屋の店主にして気鋭のエッセイストが新たな視点で綴る、珠玉のエッセイ集。



料理と私

渡辺有子 著
四六判変型上製 220頁 定価:本体1500円+税
978-4-7949-6986-6 C0095 〔2018年5月〕
シンプルだけど、常識にとらわれない自由な発想と旬の素材を生かした料理に定評がある料理家・渡辺有子。料理家になるまで、料理で何を伝えたいか、ショップ経営や仕事観……たおやかだけれど、芯のある著者の料理と人生のエッセンスが詰まったエッセイ集。



幕末維新改メ

幕末維新改メ

中村彰彦 著
四六判並製 312頁 定価:本体1800円+税
978-4-7949-6995-8 C0020 〔2018年5月〕
「日本の夜明け」に隠れた悲劇の連鎖とは。一見華やかに見える幕末維新の水面下の状況に焦点を合わせ、そこに秘められた影を明らかにする――。直木賞作家が亡国の時代に生きた無骨な人々の息遣いを丹念に描く、書き下ろし幕末入門。



薬草のちから

薬草のちから

――野山に眠る、自然の癒し

新田理恵 著
四六判並製 258頁 定価:本体1500円+税
978-4-7949-7025-1 C0077 〔2018年5月〕
古来、医食同源として最も身近で暮らしと健康を支えた植物たちの「ちから」を、レシピと合わせて紹介。昔ながらの在来種のみを使った日本の伝統茶を伝える食卓研究家が、現代に継承される薬草文化について提案する。



白井晟一の原爆堂 四つの対話

白井晟一の原爆堂

岡﨑乾二郎、五十嵐太郎、鈴木了二、加藤典洋 聞き手:白井昱磨
四六判変型・上製 252頁 予価:本体2000 円+税
978-4-7949-7028-2 C0052 〔2018年7月26日発売予定〕
白井晟一の「原爆堂」は1955年に立案され、いくつかの図面とパースが発表されたが、ついに実現することはなかった。計画案発表後の半世紀から見えてくる今日的な意味とは何か、日本の戦後が抱えた矛盾と欺瞞は何だったのか――。各界の識者にインタビューする。



しっかりわかる 介護保険の基本としくみ

しっかりわかる 介護保険の基本としくみ

晶文社編集部 編
A5判並製 192頁 定価:本体1480円+税
978-4-7949-7660-4 C0036 〔2018年5月〕
介護保険制度についての基本的なしくみを解説した実用書。制度の全体像、サービス内容、利用料など重要なポイントを丁寧に解説します。小社ケアマネ問題集制作歴20年におよぶ、介護保険制度を知り尽くしたスタッフが執筆!! 確定版・介護報酬を掲載。


Scroll Up