Category: エッセイ・小説Subscribe to エッセイ・小説



昨夜の記憶がありません

昨夜の記憶がありません

――アルコール依存症だった、わたしの再起の物語

サラ・ヘポラ 著 本間綾香 訳
四六判並製 320頁 定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7405-1 C0095 〔2023年12月〕
しくじり続きの飲酒の夜々(よよ)、苦しみと発見の断酒の日々––。元アルコール依存症の女性ライターが綴る、ユーモアとペーソスたっぷりの再起エッセイ。



隆明だもの

隆明だもの

ハルノ宵子 著
四六判並製 296頁 定価:1,870円(本体1,700円)
978-4-7949-7383-2 C0095〔2023年12月〕
戦後思想界の巨人と呼ばれる、父・吉本隆明。小説家の妹・吉本ばなな。そして俳人であった母・吉本和子――いったい4人はどんな家族だったのか。『吉本隆明全集』月報の好評連載を加筆・修正し単行本化。吉本ばななとの「姉妹対談」も収録する。



不完全な司書

不完全な司書

青木海青子 著
四六判並製 256頁 定価:1,870円(本体1,700円)
978-4-7949-7398-6 C0095 〔2023年12月〕
奈良県東吉野村にひっそりとたたずむ「ルチャ・リブロ」は、自宅の古民家を開いてはじめた私設の図書館。このルチャ・リブロの司書が綴る、本と図書館の仕事にまつわるエッセイ。



サンミュージックなお笑いの夜明けだったよ!

サンミュージックなお笑いの夜明けだったよ!

――付き人から社長になった男の物語

岡博之 著
四六判並製 350頁 定価:1,760円(本体1,600円)
978-4-7949-7393-1 C0095〔2023年11月〕
吉本のお笑いが本格上陸する前夜、「東京のお笑い」を育てた男がいた。日本初のお笑いライブ開催から、サンミュージックで「一発屋製造工場」を立ち上げるまで。そのウラとオモテを駆け抜けた抱腹絶倒の半生とは!?



自殺帳

自殺帳

春日武彦 著
四六判並製 344頁 定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7386-3 C0095〔2023年10月〕
人はなぜ自殺するのか? 人はなぜ自殺しないのか? そのあわいをみつめつづけてきた精神科医、春日武彦による不穏で不謹慎な自殺論考。



気はやさしくて力持ち

気はやさしくて力持ち

――子育てをめぐる往復書簡

内田樹 三砂ちづる 著
四六判並製 336頁 定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7385-6 C0095〔2023年10月〕
子育てにおいて、いちばん大切なことは「子どもに対して敬意を以て接すること」。男手で女の子を育てた内田先生と、女手で男の子を育てた三砂先生による、旧くてあたらしい子育て論。



不機嫌な英語たち

不機嫌な英語たち

吉原真里著
四六判並製 384頁 定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7381-8 C0095 〔2023年9月〕
些細な日常が、波乱万丈。カリフォルニア・ニューイングランド・ハワイ・東京を飛び交う「ちょっといじわる」だった少女にとっての「真実」とは。河合隼雄物語賞、日本エッセイスト・クラブ賞(『親愛なるレニ―』にて)受賞後、著者初の半自伝的「私小説」。