江戸の女俳諧師「奥の細道」を行く

――諸九尼の生涯

江戸の女俳諧師「奥の細道」を行く金森敦子
四六判 288頁
定価:本体1900円+税
4-7949-6365-3 C0095 〔1998年〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

京から松島へ。芭蕉の後をたどり「奥の細道」を歩きつづけた女性がいた。遺された紀行から幻の俳人が蘇る。諸九は庄屋の嫁だったが、旅の俳諧師・湖白と欠落ち。その後プロの俳諧師として自立。「この人について、入手しやすい本がでてくれることを切望していたので、実に嬉しい」(朝日新聞・北村薫氏評)。日本エッセイスト・クラブ賞。

関連書籍

Scroll Up