少年奇譚

川奈まり子 著
四六判並製 240頁
定価:1,650円(本体1,500円)
978-4-7949-7098-5 C0095 〔2019年7月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

淡き懐かしい、少年時代。あの頃、すぐそばにあった
異界の扉がふたたび開く。これは恐い。
――朝宮運河(書評家)

妖し怪し異し世界に触れた少年たちの不思議な体験とは。
異能の奇譚蒐集家による実話怪談ルポルタージュ。

実話奇譚として蒐集された幼少期~成年前の体験談から、少年たちが主人公になっている不思議な話を厳選して綴り明かす。
幽明境を異としない少年たちに襲い掛かる怪異の数々とは。

妖であり怪である、人とは異なる存在を「あやしい」と畏れながらあの者たちに魅了されてしまうのはなぜだろう。幼い日の息子が聞かせてくれるあやしい者たちの話を、どれほど私は楽しみにしていたことか。黄昏時、公園から帰る道すがら、不思議な存在に出遭った物語を聞きながら、妖や怪が棲む世界への憧れと郷愁を覚えずにはいられなかった。私がそこへ還るのは、此の世に永の別れを告げるときだとしても……(本文より)

【紹介動画】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

はじめに

【妖し怪し異し】
宝ヶ池のハク
父のコート
黒いシスター
窓女
落ち武者
隙間のノッペラボウ
ドッペルゲンガー
ケサランパサラン

【学校】
五月の包帯
寄宿学校の怪
上海トンネルのジョシュア

【幽霊】
峠道
心霊ビデオ
霊感封じ
兄貴の心霊写真

僕の左に
合図

【冒険奇譚】
古井戸
霊園から疾く来る
廃駅の足音
悲鳴の灯台
割れない窓
玄の島

【家と所縁】
ピアノ
猫と蟲の話
刀奇譚
まあちゃん、行こっか
祖母をすくう――私の夫の体験談

 

川奈まり子(かわな・まりこ)
東京都生まれ。女子美術短期大学卒業後、出版社デザイン室勤務、フリーライターを経て、山村正夫記念小説講座で小説を学び、2011年、『義母の艶香』(双葉文庫)で小説家デビュー。単著に『赤い地獄』(廣済堂出版)、『実話怪談 出没地帯』『でる場所』(河出書房新社)、『実話怪談 穢死』『実話奇譚 呪情』『実話奇譚 夜葬』『実話奇譚 奈落』『一〇八怪談 夜叉』(竹書房)、『迷家奇譚』(晶文社)、共著に『嫐 怪談実話二人衆』『現代怪談 地獄めぐり』(竹書房)、『女之怪談―実話系ホラーアンソロジー』 (角川春樹事務所)など、怪談の著書多数。日本推理作家協会会員。
関連書籍

Scroll Up