図解 はじめて学ぶ みんなのビジネス

ララ・ブライアン ローズ・ホール 著
ケラン・ストーバー イラスト
浜崎絵梨 訳 髙橋郁夫 監修
B5判変型並製 カラー128頁
定価:1,980円(本体1,800円)
978-4-7949-7154-8 C0034 〔2021年2月〕


アマゾンで購入する
楽天ブックスで購入する
セブンネットで購入する

 

絵で見てわかる
ビジネス入門書の決定版!!

屋台の店主であれ、有名な大企業であれ、すべてのビジネスの基本は、人々が必要とする商品やサービスを、お金と引きかえに提供することだ。ビジネスを始める理由は人によってさまざま。お金を稼ぐため、問題を解決するため、ひらめいたアイディアを形にするため、よりよい世界を作るため……
「私、ビジネスには向いてないと思う」
「会社を作りたいけど、やり方がわからない!」
大丈夫。ビジネスに向き不向きなんてないし、「やりたい」という思いさえあれば、始められる。この本では、「物を作って、売る」というビジネスの基本と、それを取りまく社会のしくみ、アイディアを仕事にして会社を作るための方法を、豊富なイラストでいきいきと解説。将来きみのビジネスが、世界を変えるかもしれない……
【対象:小学校高学年~】

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【目次】

序 章
ビジネスってなんだろう?
なぜビジネスが必要なんだろう?
ビジネスは至るところに
ビジネスを始める理由

第1章 ビジネスを始めるには
まずはアイディアから/その商品をほしがる人はいる?/トップをめざせ!――ライバルとの競争/競争に勝つには――市場のすきまを探そう/資金はどうする?――資金集めの基本/事業計画書/ビジネスに必要な手続き/正しいことをする

第2章 商品を売る方法
商品はどこで買える?/商品の価値はどこにある?/売り手への販売/価格設定のトリック/ビジネスに個性を/マーケティングメッセージ/メッセージを広めよう/顧客にあわせたメッセージを/マーケティングがうんだ悲劇

第3章 お金の動きを追う
お金の出入り――記録を残す/お金を稼ぐ/お金を失う/計画をたてる/納税/会計は正直に――税金逃れは悪いこと?/ビジネスが失敗する理由/企業の倒産――被害者はだれ?

第4章 ビジネスにたずさわる人々
ビジネスでの役割分担/経営者はどんな仕事をするの?――零細企業の経営者/ダイバーシティ/雇用/チームワーク/やる気をひきだすには/労働者の権利――労働者の力/消費者と顧客――消費者の保護/コミュニティへの影響

第5章 製品を作る
いろいろな生産方法――応用のきく製品を作る/1つの製品がうまれるまで/少ない時間でたくさん作る――改善を続ける/品質を売る――どのくらいの品質がベスト?/まちがった生産方法――持続可能な製品作り

第6章 ビジネスの成長
大企業のメリット――ビジネスを成長させる方法/ユニコーンになるには/海外での販売/会社を上場させる/大企業の欠点――大企業はずるい?/巨大企業の倒産――銀行の危機

第7章 ビジネスの全体像
ビジネスは簡単?――政府の役割/需要と供給/強い経済、弱い経済/ビジネスと社会――政府にできること/お金を借りるには――金利が動くとき/科学技術とビジネス/次のステップへ

用語解説
さくいん

 

浜崎絵梨(はまざき・えり)
翻訳家。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。外資系証券会社を経て、児童書の翻訳を始める。訳書に『図解 はじめて学ぶ みんなの政治』(晶文社)、「ミオととなりのマーメイド」シリーズ(ポプラ社)、『おひめさまはねむりたくないけれど』(そうえん社/日本絵本賞読者賞)、『モーリーのすてきなおいしゃさんバッグ』(ひさかたチャイルド)など。
◇髙橋郁夫(たかはし・いくお)
慶應義塾大学大学院修了。博士(商学)。現職:慶應義塾常任理事・慶應義塾大学商学部教授。日本消費者行動研究学会会長、日本商業学会副会長を歴任。専門:マーケティング論。著書:『消費者購買行動―小売マーケティングへの写像』(千倉書房/日本商業学会賞【奨励賞】・慶應義塾賞)、『小売経営論』(共著/有斐閣)など。
関連書籍

Scroll Up